2011/01/27

数学を「語れない」数学の先生 ― 『中学・高校数学のほんとうの使い道』

ちょっとわかればこんなに役に立つ 中学・高校数学のほんとうの使い道 (じっぴコンパクト新書 76)ちょっとわかればこんなに役に立つ 中学・高校数学のほんとうの使い道 (じっぴコンパクト新書 76)
(2011/01/20)
京極 一樹

商品詳細を見る


本書は中学・高校で習う数学が社会で何の役に立っているのかという点から書かれた本だ。三角関数とビリヤード、指数関数と銀行預金、二次関数と自走砲など、中にはマニアックなものまで扱われている。この本を機に、数学が何の役に立っているのかを自分自身で探してみるというのも面白いかもしれない。

ただ、数式もふんだんに出てくるので数式アレルギーのある方はご注意を。



本書の表紙にこんなことが書かれている。
「数学が大嫌いだった人も、ちょっと苦手だった人も会社で、酒の席でsin、cos、tan、が語れる!」

さすがに酒の席でsin、cos、tanを「語る」機会はまずないと思うが、残念ながら学校の教室でも「教える」ことはあっても「語る」ことはほとんどないのだ。

「語る」という言葉は、大辞泉によると「話す。特に、まとまった内容を順序だてて話して聞かせる」と定義されているが、「物事の面白みや魅力を伝える」というニュアンスも含まれている気がする。

中学・高校時代、私は数学が好きではなかった。自分の中で「面白い!」という部分が見つけられなかったという理由もあるが、他方で数学を“語る”先生に出会わなかったからでもあるのかなと本書を読んでいて感じた。当時の私は、数学の面白さや魅力を知らなかった。その一方で数学を“教える”先生方にはたくさん出会ってきた。だから数学の問題を「解く」ことはできるが、数学の醍醐味を「説く」ことはできない。

「数学の先生が数学を教えるのは当たり前ではないか」 ― 確かにそうなのだが、「数学の先生」という職業についたからには、「教えること」はもちろん、「数学」という学問が好きだから「数学の先生」になったはずだ。

人が何かを好きになるには何らかの理由があり、その魅力が伝えられるのであり、すなわち好きになったものについて“語れる”のである。そして「語る」とは、「まとまった内容を順序だてて話して聞かせる」ことでもあるから、話し手が聞き手のことを考慮する必要がある。「かんしん」のない聞き手に、「関心」と「歓心」をもってもらうこと ― これこそ「語る」人が掲げる最大の目標である。

今、この「最大の目標」を胸に抱きながら「先生」という職に就こうとしている人は、ごく少数ではないだろうか。一方で、「教える」のが上手な先生は昔に比べて圧倒的に増えた。充実した学習参考書を自分の授業に利用する人もいるし、学生時代に学習塾でアルバイトをしていた経験を活かして教壇に立つ人も多い。だが、「語れる」人だけは増えていないと感じる。

私は数学が好きではないが「教える」ことはできる。だが、好きではないから「語る」ことはできない。もしも「えらい数学の先生」という先生がいるのであれば、それは「数学を“語れる”先生」のことだと思う。

「語る」という行為はすごく難しい。先生方の一生のテーマになるかもしれない。そしてこれから先生になろうとしている方たちには、自分の教える科目について「語る」ということをぜひとも考えてほしいと思っている。学問に対し、生徒たちに興味を持たせてくれる可能性が最も高いのは他の誰でもない先生たちだからだ。
スポンサーサイト
2011/01/24

老化の原因は見た目が9割 ― 『「がまん」するから老化する』

「がまん」するから老化する (PHP新書)「がまん」するから老化する (PHP新書)
(2011/01)
和田 秀樹

商品詳細を見る


もちろん、本当に“老化の原因は見た目が9割”なわけではない。某出版社の有名な新書のタイトルをモジってみただけなので気にしないでほしい。しかし本書を読めば、9割というのは言い過ぎだとしても、老化の原因と「見た目」には密接な関係があるというのは感じるはずだ。

数年ほど前から「見た目」をテーマにした本をわりと見かけるようになった。中でもこの記事のタイトルの元ネタ『人は見た目が9割』という本はかなり売れたので知っている方もいるだろう。

そして本書も(部分的にではあるが)このテーマに入るといって良い。タイトルは『「がまん」するから老化する』なのだが、「見た目」と「老化」の相関関係、そしてなぜ「見た目」に気を使ったほうが良いのかという理由を述べた箇所は非常に読み応えがあった。

外見や服装を気にかけないというのは、「心の老化」へまっしぐらなのだそうである。そして「心の老化」は身体の老化に繋がり、免疫機能の低下などの悪影響を招くと筆者は言う。「ホントかよ」とつっこみたくなるが、精神神経免疫学なる分野でこういった研究が進んでいるとのこと。経験則などではなく、しっかりした医学的根拠があるようだ。

少し話は逸れるが、私の中学・高校時代は、先生から「服装の乱れは心の乱れ」とよく注意された。少なくとも本書の主張を拡大解釈すれば、この指摘はそれなりに説得力はあるように思う。(まあ、当の生徒たちはかっこ良さや可愛さをつくろうと意図的に制服を「乱して」いる部分もあるから、実際に説得できるかどうかは分からないが。)

また、老化予防には体を使うことよりも頭を使うことの方が効果的らしい。ブログやツイッターなどで自分の考えや意見を述べるというのは、老化を防ぐという点から見ても素晴らしいそうである。(書評ブログを運営している私には願ってもない朗報である!)

「見た目」の話に戻ろう。

一般的にだが、女性というのは男性よりも寿命が長い。本書を読んだ上での憶測に過ぎないのだが、おそらくこれは女性が男性よりも自分の「見た目」に気を使う人が多いからではないだろうか。(もちろん他にも要因はあるが。)

「綺麗な自分」をつくるというのは気分が良い。それは心理状態を「快」に保つわけだから、当然身体にも良い影響を与える。そういった努力を幼い頃から自然とやっているのだから、それが最終的に寿命というものに反映されるのかもしれない。

多くの女性が持つ「いつも美しく」という意識は、時として男性から「何を気取ってるんだ」と一蹴されることもあるが、「心の老化」→「身体の老化」という流れを未然に防ぐことになるのだからむしろ奨励すべきことだろう。(それに私は綺麗な女性が好きだ!)

ここまで読んで、「内容があまりにも大袈裟だ」と感じた方もいると思う。だが老化がどうのこうのと堅苦しい話を抜きにすれば、「見た目」に気を使い、髪型や服装をしゃれてみるというのはすごく楽しい。

それにおしゃれは若者だけの特権ではない。もしかしたら、オシャレが共通の話題になって違う世代との新たな交流も生まれるかもしれない。そうなれば脳は活性化されるし、ひいては自分の人生も今まで以上に楽しくなると思う。
2011/01/21

コンピュータに「嫉妬」するのは筋違い ― 『コンピュータVSプロ棋士』

古今東西、映画やマンガなどで「人間VS機械」というテーマを扱った作品は多いが、何も架空の話には留まらない。事実、現代の将棋界ではその闘いが白熱しているのだ。

そして本書を読んで確信した。近い将来、将棋ソフトが名人に勝つ日は必ず来る。


コンピュータVSプロ棋士―名人に勝つ日はいつか (PHP新書)コンピュータVSプロ棋士―名人に勝つ日はいつか (PHP新書)
(2011/01)
岡嶋 裕史

商品詳細を見る



第1章 渡辺竜王との夢の対局
第2章 ディープブルーが勝利した日
第3章 将棋ソフトが進歩してきた道
第4章 「手を読む」と「局面を評価する」は違う
第5章 局面をどう評価するか
第6章 清水市代女流王将vs「あから2010」
第7章 名人に勝つ日


本書は、現在の将棋ソフト(ボナンザなど)の性能や思考回路、そしてプロ棋士との対局における最新の現状などをまとめたものだ。

現役のプロ棋士が書いた本かと思いきや、そうではない。著者は関東学院大学の准教授で、情報ネットワーク論を担当しているとのこと。理系の先生ということで、本書も将棋ソフトの仕組みといった理系的な内容を主に扱っている。

特に興味深いと感じたのは将棋ソフトの未来について述べた第七章だ。「人間の真似からの脱却」「将棋の魅力は失われない」「複合将棋の可能性」など、この章では今後の将棋ソフトについての考察がなされている。

そして以下は、本書を読んでの私なりの考察。


人間とコンピュータの最大の違い ― 言わずもがなではあるが、それは「心」の有無だろう。人間のように動揺や不安や焦りといったものがコンピュータにはない。それは対局中、「常時」冷静な判断が下せることを意味する。言い換えれば心理戦という将棋の醍醐味が無に等しい状態であり、人間にとっては悲しい知らせだ。

コンピュータの対戦相手は人間ただ一人。しかし人間の対戦相手はコンピュータ一台では済まない。「自分の心」も対局中では立派な敵になりうる。さらに突っ込めば「体力」も含めて三人にカウントできるだろう。敵の数がコンピュータと比べて多いのも、「人間VSコンピュータ」の特徴と言える。

心や体力といった概念もなく、いつでも落ち着いて最善手を考え出す人造人間 ― このように考えてみるだけでも、人間と将棋ソフトの闘いを純粋に「人間の思考VSコンピュータの思考」という枠組みで見ることがいかに難しいことか。

だがそれでも今後、コンピュータとの対局がますます盛り上がっていくのは間違いない。そうであるならば、いや、そうであるからこそ、プロは今まで以上にタフな精神力とそれに裏打ちされた思考力や体力が求められることになるのだろうと本章を読んでいて感じた。(そしてこの「将棋ソフトの進化」がプロとアマの境界線をより一層に明確にするのではないだろうか)

と、ここまで将棋ソフトのことを述べてきたが、現実でも、コンピュータが出てきたために人間そのものが変わらないと能力の面でコンピュータに追い越されてしまうといった事態は起きている。

パソコンが職場に普及する前までは「人間の仕事」として見なされていたものが、今ではどんどん「コンピュータでもできる仕事」に置き換わっている。そうなっていけばいくほど、「人間にしかできない仕事とは何なのか」という疑問が生まれる。コンピュータは確かに人間の手助けをしてはくれるが、それと同時に「人間にしかできないこと」「コンピュータにはない人としての価値」も改めて問うている存在なのだ。

「人間VS機械」という問題はかなり根が深い。そういう意味で、本書はその問題の氷山の一角を示していると言えよう。
2011/01/17

「無茶苦茶」を、無茶苦茶なまでに、肯定してみた ― 『脳と即興性』

脳と即興性―不確実性をいかに楽しむか (PHP新書)脳と即興性―不確実性をいかに楽しむか (PHP新書)
(2011/01)
山下 洋輔、茂木 健一郎 他

商品詳細を見る



第1章 いにかして山下洋輔は生まれたのか(譜面どおりに弾くのは嫌だ!;第二外国語としてのヴァイオリン ほか)
第2章 即興力の磨き方(言葉をたくさん覚えておく;才能を叩き売る覚悟をもて ほか)
第3章 独創性の育て方(フォロアーが独創性を育む;「楽譜なんて見るな」と言えるか ほか)
第4章 音楽は生命力の源泉である(引き出しがカラッポな状態;宮廷で育てられたクラシックの奇跡 ほか)
第5章 人生の本質とは何か(ジャズの道を選んだ理由;脳科学者を選んだとき ほか)
第6章 勇気をもって生きる―即興の知とは何か(能登で感じたクオリア;リスクを取って自由に生きる ほか)


「まったく筋道が通らないこと。度外れなこと。また、そのさま。」


「滅茶苦茶」という言葉を大辞泉で引くとこのように定義されている。一般的にこの四字熟語を肯定的な意味で使う人はあまりいない。使うとしても「滅茶苦茶おもしろい」だとか、程度の甚だしさを表す時ぐらいであるが、それでもたいがい“気軽に使える口語”として扱われる場合がほとんどであり、フォーマルな場面でこの言葉を使えば、その人の品が疑われたりもする。

言葉そのものはネガティブなイメージが強い。だが、歴史という観点からすれば、むしろ「滅茶苦茶」というのはポジティブに働く場合が多かったりする。何かが急成長したり発展したりする時、たいていそこには「無茶苦茶」が存在する。

例えば、明治維新や高度経済成長期の頃を見てみよう。これら二つの時代、すっきりと整った計画案をもとにして行動し、さも予定調和のごとく発展した時代だったかといえば、そうではない。ものすごい勢いでなりふり構わず新しいことに挑戦していく。失敗することも多かったが、その分成功することも多かった。そういう時代だったのではないか。

そしてその「滅茶苦茶」を見直そうと示唆するのが、本書の二人である。

太平洋戦争を機に、憲法も思想もインフラも生きる希望も、滅茶苦茶なまでにたたき壊された戦後日本。そこに残されたものこそ「滅茶苦茶にやってみること」だった。その後は滅茶苦茶に経済成長し、滅茶苦茶なまでに不況に陥り、そして何にもまして「滅茶苦茶」を恐れるようになったのは、どこの誰でもない日本人自身である。

滅茶苦茶にやってみるというのは何が起こるかわからないし、先が想像できない。想像できないからこそ、創造できるものがあるのではないか。日本活性化のためのヒントは、案外、無茶苦茶なものだったりするのかもしれない。
2011/01/16

恋は人を美しくする? ―  『音楽で人は輝く』

音楽で人は輝く ―愛と対立のクラシック (集英社新書 577F)音楽で人は輝く ―愛と対立のクラシック (集英社新書 577F)
(2011/01/14)
樋口 裕一

商品詳細を見る


「恋は人を美しくする」というセリフがある。


恋する者にとっては魅力的な言葉だが、しない者にとってはどこか胡散臭い。


「恋をしてイケメンや美人になれたら苦労しないよ」


そんな声が聞こえてきそうだ。


だが、この“人を美しくする”というのは、単に外見がカッコよくなるという意味ではない。むしろ“人としての中身が魅力的になる”というふうに捉えた方が適切だ。


本書に登場する作曲家たちは、情熱的にであれ冷静にであれ、恋によって自らの“中身”を磨いてきた人たちなのだ。


著者の樋口裕一氏は近世近代以降の有名な作曲家たちをブラームス派とワーグナー派という二大系統に分けて、西洋音楽史を紹介している。


だがそれ以上に面白いのは、流派の垣根を越えた、恋の力によって邁進する作曲家たちのエピソードである。


ブラームスやワーグナーはもちろん、リスト、シューマン、ベルリオーズなど、音楽室にある肖像画を見ては、「なんだかイカついおじさんたちだなあ」と私たちが感じていた彼らを、ここまで人間臭く思わせてくれる本というのはそうそうない。


「恋は人を美しくする」 ― 恋愛不精な人も、本書を読めばそう感じることだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。