2011/08/28

「白雪姫」は女性の敵か ― 『お姫様とジェンダー』

お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)
(2003/06)
若桑 みどり

商品詳細を見る


幼い頃、転んで膝を擦りむいた痛みから、よく涙を流していた。そのときの記憶はもう定かではないが、親から「男の子なんだから、そんなことで泣くんじゃない」とたしなめられたことはあったと思う。

その頃の僕は当然ながら「男の子なんだから」という理由をなんの疑いもなく受け入れ、「男の子にとっては泣かないことが大事なんだ」ということを、なんの疑いもなく消化していったと思う。

それから十数年たって「ジェンダー」という概念に出会った。「男はこういうもの、女はそういうもの(だから男は、女はこうしなさい、ああしなさい)という考え方は、その人の生き方や価値観を縛りつけ、自由を奪うものだからやめましょう」という主張があることをそのとき知った。

当時はそのとおりだと思ったが、今になってみるとそういった「考え方」自体はあっても良いと思う。どんな理屈をつけようと、やはり男と女は心身ともに違う。違うものを無理に一緒くたにするのはいかがなものか。違うなら違うで、それぞれの「やり方」を設けたほうが支障はない。「やり方」のひとつ、生き方の指針のひとつとして見るなら、「男ならこうすべき」「女ならこうすべき」という考え方も歓迎してよいと思う。

プリンセス・ストーリーに出てくる登場人物の生き方や立ち振る舞いもその「やり方」のひとつであるが、気をつけたいのは、その「やり方」を絶対視してしまうことである。

どうしてプリンセス・ストーリーがこれほど生産されて消費されているかといえば、この本の冒頭に書いたように、それは社会と家庭の中軸にいるのが男性であると決め、女性はその補助であり、女性の主たる存在理由は性的な仕事――性そのもの、出産、育児――にあるとする家父長制社会の通念にしたがって、その制度や慣習を持続することを理想とし、美徳とする男性たちの見えない力がとても強いからである。その力によってこの社会の教育や文化が創造されているからである。(p175)

これに対し、僕はこう考える ― プリンセス・ストーリーはその人の生き方や価値観を縛るのではない。縛る原因となっているのは、プリンセス・ストーリーの中にある「隠されたメッセージ」を持ち続け、それを“いつまでも”「女性としてのあるべき姿」とか「女はこう生きるべき」などといった形にしてしまっていることだ、と。

プリンセス・ストーリーの中に出てくる登場人物の生き方や立ち振る舞いというのは、一つのケース(事例)に過ぎない。それが「絶対」ではないし、「そうでなければならないもの」でもない。問題なのは、そういう生き様や所作を「女性として生きるための必要条件」といったように考えてしまうことにある。

プリンセス・ストーリー以外のものに目を向けてみたらどうか、というのが僕からの提案である。人生や生き方についてのエッセイを読む、男性向け(とされている)冒険小説を読んでみる、講演会などに足を運んでみるなど、「プリンセス・ストーリーの呪縛」なるものから逃れる方法は無数に存在するのではないか。色々な人の考え方を自分の中に住まわせる、共存させるというのが、ひとつ鍵になってくると思う。
スポンサーサイト
2011/08/09

お気に入りのエッセイ集


不道徳教育講座 (角川文庫)不道徳教育講座 (角川文庫)
(1967/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る



若きサムライのために (文春文庫)若きサムライのために (文春文庫)
(1996/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


当方、三島の小説は読んだことがない。しかし、エッセイは本当に面白い。オススメは上記二冊である。『不道徳教育講座』は捻りある文章で、逆説と皮肉とユーモアに満ち溢れている。「大いにウソをつくべし」「弱い者をいじめるべし」「痴漢を歓迎するべし」などなど、釣りっぽい見出しだが釣りではない。




自分探しと楽しさについて (集英社新書)自分探しと楽しさについて (集英社新書)
(2011/02/17)
森 博嗣

商品詳細を見る



創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)
(2010/02/17)
森 博嗣

商品詳細を見る



科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)
(2011/06/29)
森博嗣

商品詳細を見る


森博嗣のエッセイはついつい読んでしまう。彼のエッセイは他にもあるが、中でもこの二冊はお気に入り。震災後、『科学的とはどういう意味か』という、新しいエッセイが発売されたのでさっそく読んだが、これは今までの「作ること・楽しさ・自由」というテーマではない。科学の何たるか、そして文系と理系の違いをうまく説明している。科学に興じることがいかに大切かが分かる。




ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)
(2011/01)
内田 樹

商品詳細を見る



「おじさん」的思考 (角川文庫)「おじさん」的思考 (角川文庫)
(2011/07/23)
内田 樹

商品詳細を見る


『「おじさん」的思考』はまだ未読だが、それでもあえてオススメする。もしかしたら『ひとりでは生きられないのも芸のうち』とかぶるような中身かもしれない。




私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)
(2008/08/28)
中島 義道

商品詳細を見る



私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)
(2003/02)
中島 義道

商品詳細を見る


ところどころクスクスと笑いがこみ上げてくる本だ。「絶えず笑顔である人が嫌い」「大学で哲学なんか教えて金をもらうな」「思いっきり暗い雰囲気の会社をつくりたい」さすがは「闘う哲学者」中島義道である。逆説でもなんでもなく、主張そのままの中身だ。
2011/08/02

誰が為の低評価?


十三人の刺客 通常版 [DVD]十三人の刺客 通常版 [DVD]
(2011/05/27)
役所広司、山田孝之 他

商品詳細を見る



「十三人の刺客」をレンタルして観た。
久々に痛快な日本映画だったと思う。
バッサバッサとメッタ斬リしていく最後の殺陣の場面、本当に僕好みだった。

で、ふと「Amazonでの評価はどうなんだろう?」と思ったので覗いてみると、きれいに賛否両論分かれていた。

ネタバレになるので詳しくは書かないが、低評価の方々はどうやら「山の民」(伊勢谷友介)の存在があまりにもお粗末に感じたらしい。真剣な雰囲気が台無しだとか、命を賭けて戦ったのに最後で◯◯(ネタバレになるため伏字)はないだろうとか、監督の自己満足だとかなんとか。その他、グロいシーンがあって嫌だったという感想がチラホラ見られるが、個人的にさしてグロいとは感じなかったし、CGでいくらでもグロく加工できるのは承知しているから別にどうということもない。

で、最近思うのだが、こういった低評価のレビューというのは、一体誰が得をするのだろうか。書いた人は書いた人で不満があるわけだし、Amazonの方も売れ行きに(大なり小なり)影響するだろうし、これから見ようとする人、買おうとする人も見る気・買う気を失うかもしれない。監督も「所詮はド素人の批判じゃん?」ぐらいにしか思わないし。

つまり、誰も得をしないわけである。だからと言って、全くそういうことを書くなと言うつもりはない。その中には全うな意見や感想だって少なからずともあるだろう。(あくまで「少なからずとも」というのがポイントである)

自分なら、比較的長い低評価レビューは、余程の暇か何か強く訴えたい気持ちでもない限り、書こうという気にはならない。「文章書く練習」が理由なら、もっと他にいい方法があると思う。「ネットはバカと暇人のもの」と言うが、あながちウソでもない。

商売でやっているのだから、Amazonは高評価だけ行える形式にした方がいいのではないか。低評価を下したい人は2chなり個人のブログなりでやればよいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。