2012/04/26

言葉の罠・論理的の罠 ― 『禅と日本文化』


禅と日本文化 (岩波新書)禅と日本文化 (岩波新書)
(1940/09)
鈴木 大拙

商品詳細を見る



「論理的に◯◯」は、最近よく見かける表現だ。

「論理的に考えよう」「論理的に説明しなさい」など、学校や仕事の場では、とにかく「論理的」であることが最重要視される。確かに「論理的」であることは、人と人とがコミュニケーションを取る上での大きな助けになるだろう。また、何かを説明する際、説得力をもたせるためには、必要不可欠だ。

しかし、「論理的であること」が、いつでもどこでも「すばらしいもの」であるとは限らない。目には見えず、「論理的」でなくとも、確かにそこに「存在するもの」もある。たとえば「職人芸」などと言われる「技」が、それに当たる。こういった技術は、言葉だけで相手に理解させることはできない。自分が実際にそれをやってみないとわからないものであり、伝わらないものである。

著者・鈴木大拙は、「言葉(だけに頼ること)に対する大きな信頼感」や「論理的に説明できるものばかり信奉すること」に対して警鐘を鳴らす。「禅」は、そういった「言語・論理至上主義」的な態度を真っ向から否定する。概念ばかり当てにするのではなく、自分で実際に取り組んでみよ(経験せよ)、ということだ。

近頃、書店で「◯◯する方法」や「××ができるようになる本」といったものをよく目にする。もちろん読んでその通りにできることもあるだろう。しかし、中には「言葉」や「論理」による説明だけでは、うまくいかないこと(対人関係など)でさえ、マニュアル的に「◯◯するとうまくいく」と述べる本もある。

そのようなハウツー本が多い昨今、大拙の論(禅の教え)は、「言葉や論理的なものだけ重視してると危ないよ」と唱える点で、非常に新鮮だ。

失敗してもいいから、実際にやってみる――私も最近、このこと(「とりあえずやってみよう精神」とでも言おうか)に大切さを感じている。

本書は禅と日本文化(俳句、儒教、武士道など)との関係を説明したものだが、どの章にも、この考えが通底している。1940年刊行の作品だが、当時の思想書としてはかなり読みやすい。禅入門にはおすすめである。
2012/04/22

小説のような歴史書 ― 『物語 フランス革命』

物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書)物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書)
(2008/09)
安達 正勝

商品詳細を見る



おもしろい歴史書には共通点がある。それは、「あたかも物語のような錯覚を与えてくれる」ところだ。これは史実の内容如何よりも、著者の筆力によるところが大きい。そのため、読み物としての歴史書ならば、学者よりもむしろ「文章のプロ」である作家に書かせた方がよい、と私は思っている。

ところが、本書の著者・安藤正勝は仏文学者だ。ゴテゴテの歴史解説ではなく、物語としての歴史、流れとしての歴史を意識した文章が非常に魅力的である。世界史に弱い私には、大変ありがたい本だ。

本書を読むまで、私は革命前のフランスを誤解していた。財政崩壊の発端は、マリー・アントワネットの自堕落な生活と、貪るような荒い金遣いのせいだと思っていた。しかし、彼女の支出は、全体でほんの数パーセントとしか占めていなかったそうだ。マリーは、「パンが食べられないなら、ケーキを食べればいいじゃない!」というセリフで有名だが、「ケーキ」だけの支出など、たかが知れていたということか。

マリーの夫であるルイ16世も、従来では悪者扱いされることが多かった。ところが最近では、むしろ高く評価されているという。優柔不断な側面が多かったものの、その知性は非常に優れていた。マリー以外の女にはいっさい手を出さなかったという、「したたか系男子」な一面を持っていたらしい。ギロチンの性能を上げるため、斜め刃を考案した理系男子でもある。のちにこの刃で愛すべきマリーの首がはねられてしまうのは、なんとも皮肉な話だ。そして、なんと趣味は錠前作り。いま生きていれば、たぶんオタクになっていただろう。

メートル、リットル、グラムといった一律の度量衡が確立したのもフランス革命の時である。有史以来の大仕事であると考えたためか、フランス人はまったく新しい制度を望んだ。いまでは当たり前のように、この度量衡が使われている。その裏側は、血と涙の結晶によって支えられているのだから、なんとも言えない。以後、これらを目にするたび、「ああ、この“kg”はフランス革命とともに生まれたのであり、それは血と涙の結晶なのだ!」という感慨に、私は(ひとりで)浸りたい。

世界史の中でも、「フランス革命」はトップ5にランクインするぐらい人気な箇所だろう。予備知識に乏しくとも楽しめる良書である。
2012/04/14

地に足をつけた経済学書 ― 『スタバではグランデを買え!』


スタバではグランデを買え!: 価格と生活の経済学 (ちくま文庫)スタバではグランデを買え!: 価格と生活の経済学 (ちくま文庫)
(2012/01/10)
吉本 佳生

商品詳細を見る



かねてから「経済学を知りたい」とは思っていた。だが、ひとくちに「経済学」とはいっても、色々な分野がある。

考えた末、わたしが最初に試したのは、有名な経済学者の理論から学ぶことだった。教科書で習った人名を思い出しつつ、一般向けの経済学書として初めて読んだのが『経済学はこう考える』(根井雅弘/ちくまプリマー新書)だ。

しかし、これがどうもおもしろくない。ジュニア向け新書だから書いてあることは理解できる。だが、どこかピンと来なかった。

その後、色々な本を手にしてみた。結果、本書のような実生活密着型の経済学書が一番ためになると知ったのだ。

経済とは、大雑把に表現すると「世の中の資源(お金)の動き」そのものである。言うまでもないが、実生活と経済は表裏一体の関係だ。ということは経済学の理論も、実生活と密着させながら学んだほうがよい――行き着いた結論はこれだった。

しかし残念ながら、経済学をそのように学べる本は少ない。その点、本書はこの「実社会と経済理論のつながり」をきちんと書けているところがすばらしい。「当たり前」のように行われている経済活動を、「当たり前」のままにせずに、「経済学」というツールで、そのしくみを分解していく過程が非常に興味ぶかい。

特におもしろかったテーマは、以下の章。

第1章「ペットボトルのお茶はコンビニとスーパーのどちらで買うべきか?」

ペットボトル飲料はたいていの場合、コンビニの方が高い。価格だけの比較ならスーパーで買ったほうが特だ。しかし、そうと知りつつもコンビニで買う人がいるのはなぜだろうか。その裏には合理的な理由がある。

第4章「携帯電話の料金はなぜ、やたらに複雑なのか?」

わたしが携帯電話をあまり好まない理由のひとつが、料金制度の複雑さにある。ところが、電話会社はあえて複雑にしているのだ。「儲けるとはどういうことか?」を考えさせられる章である。

第6章「100円ショップの安さの秘密は何か?」

なぜこれが100円で買えるのか不思議に思うことがたまにある。もちろん、人件費が安いからという単純な理由だけではない。これは、製造ラインのちょっとした「スキマ」を突いているのだ。


学問上の理論は、つねに「身近なもの」とセットで学ぶべきだと思う。小学生の時までは、そうやって勉強するのが普通だった。それがいつしか、理論だけの勉強になっていく。哲学にせよ法学にせよ、とにかく重要視されるのは「理論」であって、「その理論を実社会へ応用するとどうなるか?」ではない。むしろ応用することを「なんだか低級なもの」と見なしてしまう感さえある。

わたしは、本書著者である吉本佳生のような人が、学者や先生として増えればいいと願っている。こういう人が教えれば、勉強嫌いな生徒や学生は減るかもしれない。