2013/04/20

ネット記事の読みすぎは、自分の思考や感性を麻痺させる

暇な時間に、ネットの記事をよく読むという人は少なくないと思う。

そういう人は、そもそもなぜ、ネットの記事をよく読むのだろうか? いろいろな理由が考えられるだろう。たとえば、「タダでいろいろな情報が入手できるから」とか「スマホをいつも持ち歩いていて、いつでもネットができるから」などなど。

実はわたしも、最近まではよくネットの記事を読んでいた。が、いまはもう、ほとんど読まなくなった。理由は、以前と違って、いまはあまり読む時間がないからだ。それに、スマホも持っていないから、仕事の合間の空き時間や休み時間で、ネットの記事を読むということが、そもそもできないのである。



結果的に、わたしは「ネット記事をよく読む人間」から「ネット記事をほとんど読まない人間」へと変わってしまったわけだが、そうした行動の変化にともない、自分自身も変化したようにこのごろ感じている。

何が変わったのかというと、「大量に情報を吸収“しなくなった”ことで、(ある程度ではあるが)「自分で」さまざまな情報を吟味したり、考えたりするようになった」ところである。少々、陳腐な言葉ではあるが、このように感じている。



世間では、さまざまな情報をたくさん得ることは「絶対善」であるかのように見なす傾向があるように思う。それはそれでたしかに正しい面はある。しかし、情報をたくさん得るということは、そのぶん、たくさん得た情報について「じっくり」と吟味したり、考えたりする時間が奪われる、ということでもあるのだ。なぜなら、多すぎる情報はいちいち丁寧に検討することができないからである。

「じっくり」と吟味したり、考えたりすることができなかった情報というのは、たとえ一時的に頭のなかに入れておいても、その大半はすぐに頭から消え去る運命にある(学生のとき、一夜漬けして叩き込んだ知識の多くが、一週間もしないうちに忘れ去られるのと同じように)。つまり、皮肉かつ逆説的ではあるが、多くの情報を入手しようとすることで、結果的に多くの情報が頭から消える(=入手できなくなる)ことになるのである。



この点を踏まえたうえで、ネット記事というものを観察すると、そこにはある種の「落とし穴」があるように感じる。どんな「落とし穴」かというと、それは「手軽にたくさんの情報を仕入れることができるような仕組みに“なってしまっている”」ということだ。

そういう仕組みに「なってしまっている」以上、多くの人が多くの情報をネット記事から仕入れようとするのは当然である。というよりも、それが現状だ。だから、みんなせっせと記事を読みあさったり、記事から記事へと「サーフィング」したりするわけだが、さっきも言った通り、それは実は「自分の中に蓄えようとした多くの情報を、自分で消し去っている」にすぎないのである。



こんなことを言うと、こんな反論が来るかもしれない。「いや、そんなことはない。たとえ頭のなかに情報を蓄積できなくとも、はてなブックマークのようなサービスを使えばそれは克服できる。忘れても必要なときに情報を閲覧することができる」と。

しかし、なにかの記事をブックマークするという行為、それによって必要なときに再びその情報をいつでも見られる状態にしておくという行為は、その情報を「じっくり」と吟味したり、考えたりする行為とは別物である。



後者は、たとえるなら「濾過」である。ここに、大事な成分も不純物もいっしょに混ざり合った液体(=情報)があるとしよう。その液体を、濾紙が貼られたコップ(=自分自身)に流しこむ。すると、濾紙には不純物だけが残ったが、コップのほうには大事な成分だけがきちんと入っている。

ここでいう「濾紙」は、いわば「ある情報についてじっくりと吟味したり、考えたりするための時間」である。そうした時間という「濾紙」を、自分という「コップ」に貼りつけておき、そこへ情報という「液体」を流し入れる。こうすることで、「大事な成分」が自分のなかに残るわけだ。

一方、ブックマークするという行為、それによって必要なときに再びその情報をいつでも見られる状態にしておく行為というのは、大事な成分も不純物もいっしょに混ざり合った「液体」をそのまま「コップ」へ流し込む(あるいは、混ざり合ったまま放置しておく)感覚に近い。

その情報の真贋は定かでなくとも、とりあえずおもしろそうであれば、ひたすらブックマークしておく。そして気になったときに見る(見返す)――これでは、「たくさんの情報」を自分の外へストックできても、本当に自分の中へストックできるか(できたか)は怪しい。わたし個人の体験や感覚から言わせてもらうと、ネットの記事は9割は「読み捨て」で終わっている



「現代は情報社会だ」と言われるようになって、だいぶ経つ。しかし、いくら情報社会になっても、すなわち、いくら人間の外部に情報がたくさん出回るようになっても、ひとりの人間が情報を「じっくり」と吟味し、それについて考える時間というのは、当たり前だが昔と変わっていない

昔はいまと違い、出回る情報が少なかったため、必然的に少数の情報を「じっくり」と考察「せざるをえな」かった。しかし、そうした状態こそが結果的に多くの情報(いな、それはもはや「情報」というよりも「知識」や「知恵」や「思考の鋳型」と言えるものに近い)を頭に残すことにつながったのである。

しかし、いまは逆である。たくさんの情報があふれているため、たくさんの情報にササッと「触れる」程度の感覚になってしまったように思う。

「触れる」である。情報という代物を、「ガシっと手でつかみ、いろいろな角度から観察する」といった、そういう感覚ではない。

だから、結果的にたくさんの情報に接しているにもかかわらず、個々の情報はどうであったか、その情報から何が得られ、最終的に自分がどう変わったのか、といったことの検討については非常に希薄だったりするのである。



ということで、ネット記事は、タダで簡単にたくさん読める仕組みになっているが「ゆえに」、読みすぎてしまえば、それは自分の感性を麻痺させていく危険性がある、ということを十分に注意したほうがいいのではないか、と思う今日このごろである。

それよりもむしろ、自分がネット記事を書く側に回ってしまえば、自分のなかにある既存の情報の再確認や整理につながると思うので、ネットでなにかをするのなら、「読む」ではなく「書く」ほうがいいかもしれない。


2013/04/13

ブログを書くことも、立派な「贈与」だ ― 『評価と贈与の経済学』

評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)
(2013/02/23)
内田樹、岡田斗司夫 FREEex 他

商品詳細を見る


話題になっているようなので購入。

不遜ながら、対談形式の本なので中身は薄っぺらいかなあ~なんて思っていたが、いらぬ心配だった。それどころか、わたしは普段二度読みをしない人間なのだが、今回は珍しく二度読みしたくなり、いま再読中である。



で、どんな本なのかというと、タイトルにもあるように、“これからは「評価」と「贈与」が、その人の所有する貨幣や地位よりもモノを言う(=大切になる)時代となり、またそれが理想の経済を築いていくじゃないか?”ということを、内田樹と岡田斗司夫が対談を通して確認し合っていく、というものだ。

昔は(といっても、いまもそういう部分はあるが)、「年収がどれだけあるか?」「職業はなにか?」「どんな会社の、どんな地位にいるのか?」などといったような、貨幣や地位が、その人間の社会的な「出来不出来」や「良し悪し」を決めていた、という側面があった。



ところが、これからはそうじゃないんだよ、と二人は言う。これ以上、著しい経済発展など期待できない日本において、生きていく上で大事になるのは、金銭の有無でも地位の高低でもない。

そうではなく大事なのは、他者からのその人自身の「評価」(=人間としての良し悪し、好かれやすいか嫌われやすいか)なのだ。そして、もし他者から良い「評価」を得たいと思うのなら、他者に何かを「贈与」しなさい、と二人はこの対談を通して唱え続けている。



ここでいう「贈与」とは、べつに特別な意味を持った言葉ではない。要するに、「人に何かをしてあげる」ということなのだ。文字どおり、なにかを無償で提供することは「贈与」だし、他人に親切なことをするのも「贈与」だ。ポイントは、「自分から」「他者へ」「無償で」「働きかける」ということである。そして、こうした「贈与」こそが、その人の真の「評価」(=良い評価)へつながるのだと言う。



実は、二人の言う「贈与」の大切さというのが、わたしには身に染みいるようにわかるのだ。「その通り! ほんと、そうなんだよなあ~」などと、本書を読んでいて何度も心のなかで首肯していた。

大学4年生のとき、就職活動が大変だった最中、とある会社がわたしを拾ってくれた。自分は文学部出身だし、もしかしたら就職できないかなあ~なんてうっすらと思っていたので、まさか内定がもらえるなんて思ってもいなかったのだ。

本当に運が良かったんだなあと今になって思う。で、その会社が、社員同士の懇親を目的としたパーティーを開くというので、新入社員となるわたしを招待してくれた。

そのとき、すごく嬉しかったのが、年上の先輩たちがみんな、わたしを親切にしてくれたことだった。その日に会ったばかりの、見ず知らずの人間に、「ここまで丁寧に接してくれるのか!」と、非常に感動した。

「これから、ビンゴゲームやるんだけど、このビンゴカード君にあげるよ」「これから若手だけで二次会やるんだけど、君も来ない?」――その晩は、至れり尽くせりといった感じで、わたしは「いい会社から内定をもらった」と強く思った。

ここまでしてもらえれば、当然ながらわたしは「この会社のために頑張ろう」という気持ちになっていった。



で、本書を読んで気づかされたのは、こういう「◯◯のために頑張りたい」という気持ちに、自然になれるときというのは、◯◯から自分へ何かが「贈与」されたときなのだ、ということだった。

わたしは、その会社から「優しさ」を「贈与」されたことによって、その会社に対する「評価」が大きく変わった。嬉しくてしかたなかったので、「この会社で一生懸命働こう」と思えた。まさしく、内田と岡田の言う「評価」と「贈与」の相互関係がいかに強いものかを、このときすでにわたしは体験できたのだ。



内田は言う。
「オレはおまえのためにこれだけの贈与をしてやる。オレに感謝しろよな」って言って渡すような贈り物はあんまりうまく回らないような気がする。あっちからパスが来たから、次の人にパスする、そうするとまた次のパスが来る。そういうふうに流れているんですよ。パス出さないで持っていると、次のパスが来ない。来たらすぐにワンタッチでパスを出すようなプレイヤーのところに選択的にパスが集まる。そういうものなんですよ。(p.149)

わたしのさっきの例で話をさせてもらうと、会社はわたしに「優しさ」という「パス」を出してくれたのであり、そういう「パス」を受けたわたしは、その「パス」に対し「一生懸命働こう」という気持ちで会社に対し「パス」を返そうとしたのである。

もしこれが、会社がなにも「パス」しなければ、わたしも会社に「パス」しなかっただろう。内田の言う、「パスを出すようなプレイヤーのところに選択的にパスが集まる」というのは、要するに「情けは人のためならず」ということであり、親切にした分(=親切という「パス」を出した分)、今度は親切にされる(=「パス」を返される)可能性がグッと高まるんだよ、ということを意味しているのだ。



そして、こうした「パス」は、もっと言うと貨幣に対しても当てはまると、内田は言う。
貨幣の本質は運動だから、貨幣は運動に惹きつけられるんです。だから、どんどんパスを出していると、「あそこはパスがよく通るところだ」って貨幣のほうから進んでやってくるんです。(p.149-150)

言い換えれば、「金は天下の回りもの」ということだ。逆説的だが、結局お金というのも使うことでしか増えないのである。それもほとんどの場合、人のために使う、ということによって。これも、理屈はさっきと一緒だ。



不思議だなあ、と思う。普通、「パス」なんかせずに、ひたすら何かを溜め込んでいさえすれば、価値のあるものは自分の手元に増えていくように考えるが、そうではないのだ。

ためこむのではなく、むしろ外へ「出す」。それも、自分のためにではなく、他人のために、である。他人のために、なにかを「出す」ことによって、そのなにかはめぐりめぐって自分のところへ返ってくるのだ。



ちなみに、ブログでものを書く、という行為も内田は「贈与」だと本書の中で言っている。というのも、ブログは普通の日記と違って他者指向の文章であり、それはその文章を読みたいと思っている人(=自分から見ての他人)への「価値」の「贈与」となるからだろう。

ということは、ブログは何らかの情報(=「価値」)を提供する(=「贈与」する)メディアだから、先の論理で考えれば、また別の何らかの情報(しかも、価値ある情報)が自分に返ってくる、ということになるではないか。

で、これは本当なのかというと、本当だと思う。少なくとも、いまブログをやっているわたしは、「そう言われてみれば、確かにそうかも」と思いあたるフシがある。



たとえば、

「ブログを書く(=他者へ「贈与」する)」



「思いの外、読者から好反響があった」



「もっともっと、おもしろいブログを書こうと思うようになる」



「そのためには、色々な情報や知識や知恵が必要だ」



「さらに色々な本やネット記事を読み漁る(=こうした行動をとるようになったのは、「読者からの好反響」という他者からの「贈与」があったため)」


といった、一連の流れがそうだと思う。


一見すると、ブログではこちらが書くだけだから、読者からの「贈与」なんて考えられないだろうが、そうではなく、読者がわたしを「色々な本を読みたい」「知識を身につけたい」という気持ちにさせてくれた、ということが、もうすでに、立派な他者(=読者)からの「贈与」となっているのだと思う。(無論、これ以外の形の「贈与」もあるだろう)



というわけで、他者への「贈与」って、想像以上に自分への恩恵として返ってくる、と考えてよい。

こういうと、「贈与への見返りを求めようとする下心がるから、それは良くない」とか「ちょっとでも見返りを期待している時点で、偽善じゃん」などと思われそうだが、重要なのは、「贈与」する動機ではなく、「贈与」するという行為そのものにある。そして、内田と岡田は「理屈は後回しでいいから、とにかく『贈与』とやらをやってみてはどうだろう?」という提案をしているだけなのだ。

「やらない善より、やる偽善」とはよく言ったもので、「まあ何でもいいから、人のために行動してみるということは、後々になって思わぬ効用が返ってくるよ」ということなのだろう。