2013/05/14

文章を「書ける人」になるには?

こんな記事を読んだ。いま話題らしい。

文章を「書ける人」と「書けない人」のちがい - デマこいてんじゃねえ!

↑の記事によると、文章を「書ける人」は、


1、毎日少しずつでもいいから「知識」を蓄えていく。

2、どんなふうに言葉を「配列」していくかを考える。どんな「知識」を取捨選択していくかを考える。

3、文章を論理的に書く。しかし論理的でさえあればよいかというと、そうではない。情緒ゆたかな文章になるよう意識する(ここで言う「情緒」については、上記リンク参照)。



の3点を実行できている人のことらしい。


ふ~ん。なるほど。そうかもしれない。でもなんかちょっと、引っかかる。


まず、1番目の「知識」ウンヌンだけど、確かにその通り。やっぱり、どんなことを書くにせよ、これから書こうとすることへの「知識」がないと、なかなか書けないよね。当たり前だけど。

しかし、である。じゃあ、「実際に」文章を書こうとする段になると、もう「知識」がどうのこうの、なんて言ってられないのだ。

人を引きつける文章、誰かの心に響く文章。そういう文章を書くためには、たくさんのひきだしから多彩な知識を取り出さなければいけない。そして、そういう知識は短期間では身につかないのだ。(リンク先から引用)

↑はまったくその通り。しかし、じゃあ文章が「書ける」ために必要な「知識量」とは、いったいどのくらいなのだろう? 

そりゃあ、多ければ多いに越したことはないけれど、「実際は」そんなに「知識集め」をしてられないのだ。なぜなら、「知識集め」をすることと「文章が書けるようになること」との間には、ほとんど関係性がないから。「文章を書けるようになる」ためには、「知識集め」ではなく「文章を実際に(しかもたくさん)書く」以外、よい方法はないのである。

だから、「オレはこれから文章を書くぞ!」と決めたからには、もう「知識集め」をしてもムダ。おのれがいま持っている知識の量で、「作文」という「知的バトル」に挑むしかないのである。

無論、言うまでもなく「知識集め」はすごく大事だ。しかし、「文章を書く」段階にもなって、未だに「知識集め」をしているようでは話にならない、ということである。



そんで2番目について。どんなふうに言葉を配列していくか、どんな情報を取捨選択していくか、か。

こういった意識も大事だなあ~とは思う。少なくとも、意識しないより、したほうがいいに決まっている。

でも、である。「文章を書く」とは、「脳内で起こる戦争」なのだ。ものすごくめまぐるしく、頭の中が回転しているのだ。そしてその勢いでもって文章を書くのだ。

そんなとき、一々「ええっと、ここにはこんな言葉を持ってきて、最後はこんなふうに締めて・・・あっ、ここには読点があったほうがいいかな」なんて考えていたら、まず、死ぬ。何が死ぬかって、文章を書いていくときに起きる「勢い」や「躍動」が、である。

で、こういったものは絶対に殺してはならない。なぜなら、良い文章、おもしろい文章はこうした「勢い」や「躍動」と表裏一体の関係だからだ。

わたしは小説家ではないから、多くの作家先生がどのように小説をお書きになっていらっしゃるのか、存じ上げていない。なかには一字一句、ものすごく計算して紙面上に「配列」することによって、文章を練り上げている方もいるのかもしれない。

しかし、わたしはそんなことはしない。というか、できない。とにかくサッササッサと自分のオツムの中から言葉を紡ぎ出して、文章をつくっている。そうやって文章を書くのに必要な「勢い」を殺さないようにしている。いちいち、「ええっと、ええっと」なんてやってたら、文章書きという「知的バトル」を制することは到底できない。

これは、どんな情報を取捨選択するかについても同じ。いや、というよりも、勢いでもって文章を書いていると、勝手に頭が情報を取捨選択してくれる、といったほうが正確だろうか。自分が意識的に取捨選択するのではなく、もう自分から「離れた」状態で頭が自動的に「はい、次に必要な情報はこれ」といった感じで、ポンポンと蓄えていたものが出てくるのだ。

だから当然(さっきの話とかぶるが)、「知識集め」なんてものはやってられない。やってるヒマがない。そんなことをしていたら、「勢いでもって文章を書く」ということができなくなってしまう。チンタラチンタラと文章を書くハメになる。だから、「とりあえず」現時点で頭に叩き込んだ知識でもって、作文という「知的バトル」に挑むことになる(というか、そうせざるをえない)。



最後に3番目について。「文章は論理的に書け」は、もう中学生でも言われるようなことだね。だから「いまさら?」感はあるのだけど、でも大事なことだから、わたしはこれは「ちょっとだけ」意識している程度かな。

一方、「情緒的に」のほうがあんまり言われない。これもこれで大事かもしれない。しかし、論理の重要性と比べたら、こちらの重要度は低い。というのも、「言葉の情緒面を大切に」ウンヌンなんて言われても、ほとんどの読者は「言葉の情緒面」なんか気にもとめないからだ。

でも、ロジックは気にする。なぜなら、これがズレれてしまえば、「ほこたて」な文章になってしまうから。「ほこたて」な文章というのは、当然相手に信用されません。だから、ロジックのほうが大事なのだ。

それに、である。普段わたしは大量に文章を読んでいるのだけど、言葉の「配置」だの「情緒面」だのを気にすることっていうのは、ほとんどない。気にするのは、筆者の「言い分」(文章内容)と論理だけだ(当たり前すぎるくらい当たり前だけど)。

それ以外、大して気にしない。仮に気にしたとしても、すぐに忘れる。つまり、わたしにとっては「配置」だの「情緒面」だのといった要素は、「その程度」の存在でしかない。

いや、もちろん、「言葉は大切に扱うべきだ」という意見には大いに賛成する。言葉は、鋭利な「武器」だ。言葉は、人の肉体は殺めることはできなくとも、人の精神を殺めることはいとも簡単にできてしまうからだ。その反面、些細な一言で他人を大いに元気づけることだってできる。言葉とは、そんな不思議な、そして鋭利な「武器」だとわたしは思っている。

しかし、だ。大量を文章を書いていると、そんなことなどすぐに忘れてしまう。とにかく言葉を紡ぎだすことに夢中になってしまうからだ。「そんないい加減な状態で、ほんとうに文章が書けるのか?」と言われそうだが、答えは「書ける」である。実際に、文章を「すばやく」「たくさん」書くことだけを意識してみれば、それがわかると思う。



――ということで、上記の記事の言っていることはもちろん大事なことが少なくないのだけれども、あんまりこれらに意識を囚われすぎると逆に文章が書きづらくなるんじゃないかなあとは思う。

「とにかく、書け。もし文章をうまく書きたいのであれば」――これに尽きるんじゃないかな?
スポンサーサイト
2013/05/11

ビジネスマンにとって読書が大事な「本当の」理由

会社にいて仕事をしていると、大変残念ながら、「頭を使う」ということをだんだんしなくなるようである。

たとえば、なにか資料をつくるとしよう。そのとき、ExcelだのWordだのを使って数値を入力したり、文字を打ち込んだりするわけだが、実際のところ、こうした作業というのは、ほとんど「頭を使」わずに、ほぼ惰性でやれてしまう。計画書や報告書をつくったり、商談の予定を組んだり、お金の計算をしたりすることも、ほぼ同じだ。

なぜか? それはたいていの場合、もうすでに、決まりきった「やり方」(「フォーム」と言い換えてもいい)を、(程度に差はあれ)「使い回せてしまえる」からである。つまり、「頭を使わ」なくていいのだ。そして代わりに頭ではなく、体が勝手に「動いてくれる」のである。

「そんなの当たり前じゃないか」と言われれば、その通りである。しかし、それが「当たり前」であるからといって、別にそれで「よいこと」にはならない。「当たり前」というのは、どこまでいっても「当たり前」でしかなく、「当たり前“だからそれでもよい”」とか「当たり前“だから仕方がない”」といったことにはならない。

よく、自己啓発本に「ビジネスマンは読書をしなければならない」などと書いてあったりするが、これは詰まるところ、「ビジネスマンの多くは、放っておくと頭を使わなくなるから」に尽きるのだと思う。

無論、世の中は「頭を使わ」なくてもできる仕事しかないわけではない。しかし、「頭を使う」ことが「本当に」必要な仕事というのは、おそらくどんな会社においても、1~2割程度の人たちだけがしているのではないかと思う。それ以外の人たちは、「頭を使わない仕事」、いや、正確に言えば「頭を使う必要性を、ことさら感じさせない仕事」をしているのではないだろうか。

わたしも今、Excelを使って資料をつくる仕事をしているが、ときどき「オレ、たしかにExcelイジってるけど、なんら意識的に“頭を使う”ことをしてないよなぁ・・・」と思うことがある。もちろん、いまの仕事に不服があるわけでもないし、こうした資料作りがムダだとも決して思わない。

しかし、どこかで意図的に、そして自主的に「頭を使う」ということをしていかないと(つまり、なにがなんでも頭の「出力」を上げていかないと)、本当に「頭を使わ」ない人間になってしまうのではないか、と不安な気持ちになってくる。そう、まるで「家畜」のように、なにも考えないで生きる人間になってしまうのではないか。

そういう状態こそが、本当の「社畜」なのだと思う。決して、ネット上でよく言われる、「サラリーマンとして生きること」それ自体が「社畜」なのではない。(ちなみに、わたしは「サラリーマンとして生きること」は生存戦略上、極めて有効だと考えている。なぜなら、「複数の人間が集まって、会社という組織集団をつくり、その中で分業して、お金を稼ぎ、毎月決まった日にお給料がもらえる」という生き方は、「誰からも束縛されず、ひとりで仕事ができ、成功すればその手柄を自分ひとりの手中におさめることができるも、失敗したときのリスクも、当然ながらすべて自分が引き受けなければならなくなる」という生き方より、効率的だし安全性が高いから。)

そんなわけで、「ビジネスマンたるもの、読書は必須」と盛んに言われるのは、本当のところ、「ビジネスマンは教養がなくてはならないから」といった高尚な理由からでも、ましてや「読書を習慣にしていれば、年収が上がりやすくなるから」といった理由からでもない

そうではなく、読書をすることで「なかば強制的に」頭に刺激を与える、言い換えれば「頭を使わ」せるためなのではないか。で、なぜ「頭を使わ」せる必要があるのかというと、結局のところ、「頭を使わ」せる仕事(=「頭を使わ」ないといけない仕事)こそが、直接的なかたちで会社に金銭的利益をもたらすからである。そしてそのためには、いつなんどきでも「頭を使」えるようにしておく必要がある。だからそのための、ふだんから最も手軽にできる「一手段」が「読書」なのだ。それゆえ、「ビジネスマンは読書をせよ」としきりに言われるのだろう。

無論、ただ本を読んでいればよい、ということではない。読んで考える、読みながら考える。それを含めてこそ、初めて「読書」と言えるのではないか。

ということで繰り返しになるが、ビジネスマンにとって読書が必要な本当の理由は、決して「教養のため」とか「読書をしていれば年収が上がるから」といった理由からではなく(というか「教養が身につく」「年収が上がる」といったものは、所詮、読書をしていて「偶然」自分にもたらされた「副産物」でしかない)、利益追求集団である会社にとって、直接的に会社に金銭をもたらしてくれるのは「頭を使う」仕事なのであり、そのためビジネスマンはいつでも「頭を使え」る状態にしておけるよう、「読書」という「一手段」でもって、頭の「出力」を上げておかないといけないから、なのである。

話が長くなったが、要は「ビジネスマンにとって読書は大事だ」という、いままで何度も言い古されてきた、なんら新鮮味のない主張が、この記事の結論である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。