2016/03/05

すごくないことをすごい感じにする技 ―― 『団子売』歌舞伎座

今月の歌舞伎座は雀右衛門襲名口上がメインのようだが、私のお目当ては昼の部最後の『団子売』である。

この演目、舞踊なのだが、そもそも団子売をする夫婦の睦まじさのようなものを踊りで描くという、なんだかよくわからない話なのだ。

だが、この夫婦、軽快なテンポで持参した臼と杵で団子をこしらえ、最後のほうではお面で楽しく踊るのである。

歌舞伎ではよく、こういう(言い方は悪いが)どうでもいいテーマや風景を舞踊化してしまうことが多い。

何気ない日常、ありふれた普通なもののある一面を切り取って、それを「美」に変える――これが歌舞伎のすごい所なのだと思う。

他の演劇にこういった「美化作用」はあるのだろうか。おそらく、歌舞伎だけのものなのではないだろうか。

歌舞伎から学ぶべきことの一つは、こういった「ありふれた光景をすごい感じに仕立てあげる」ことだと思う。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。