2017/06/16

「あの頃」と腕時計

先日、とあるSEIKOの腕時計を買った。実はその数ヶ月前にも腕時計を買っていたのだが、先日買ったその腕時計の優美な外観に惚れてしまい、買いたい衝動を我慢できずに買ってしまった。

そのシンプルな、バーインデックスの三針時計は、光のあたる角度によって色々な表情をつくる。昼間の明るい時は、きらっきらっと反射するのだが、夜になれば、街灯のほのかな光を浴びるとたちまち、何とも言えない色気を醸し出すのだ。

そんな腕時計を見ていてふとなんとなく、これがいつ作られたのかが気になった。調べてみると、それは私がちょうど二十歳を迎えた年のときだった。

二十歳、というと、ちょうど大学生のときだ。その頃のことを思い出した。地方の高校から進学して1年。まだまだ垢抜けず、「都心の大学生」像に適合できるようなファッショナブルな装いひとつできやしない自分がそこにいた頃だった。あの頃は自分の、なんというかありとあらゆることに悶々としていた時だったように思う。アルバイト先の、かわいい女の子にどぎまぎしながら、なんとかそれっぽく取り繕うものの、結局うまくいかない、そんな日々を送っていた時だった。

あれから時を経た今、その二十歳という頃を思い返してみると、ただただ「よくここまで来れたなあ」などと思えてしまう。就職が決まった時のことや、一人暮らしを始めたときのことなど、「二十歳から更なる大人へ」と階段を登っていく自分を、その腕時計の製造年を知った時、思い返してしまった。

いまはすっかり、落ち着いたように思う。あの頃の「垢」も、今となっては良い、でもこっ恥ずかしい「思い出」である。

さて、そしてこれから自分はこの腕時計とともにどこへ向かっていくのだろう。この相棒を見ているとちょっとだけ、これから先が気になってしまう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。