--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/18

仕事よりも大事なものがある、と思いたい ― 『超思考』

超思考 (幻冬舎文庫)超思考 (幻冬舎文庫)
(2013/08/01)
北野 武

商品詳細を見る


仕事に「やりがい」を求めようとする人は多いと思う。こうした態度は至極「自然な態度」であろう。

仕事とは本来、金を得るためにするものだが、人が人から金を得ようとする時、そこには必ず、当人たちの金に対する「必死さ」がにじみ出る。それは何とも言えない「殺伐とした雰囲気」だ。

仕事に「やりがい」を求めようとする人、求めたがる人は、言い換えれば、この「殺伐とした雰囲気」をなんとか打ち破りたいと願う人である。この、嫌悪すべき「悪臭」をどうにかして「やりがい」という名の気持ちよい「香り」に変えたいと思う人である。こうした感情は、誰にでも芽生えるのではないか。

しかし、タケシはそんな甘ったるい考えを一蹴する。

けれど、昔も今も変わらないことがある。苦労をしなければ、仕事にやりがいなんて見つけられるわけがないのだ。(中略)
仕事の本当の面白さとか、やりがいというものは、何年も辛抱して続けて、ようやく見つかるかどうかというものだろう。(中略)
その仕事のやりがいを金で買おうとしてはいけない。自分に合った仕事を探すというのがそもそもの間違いだ。そんなものはない。(中略)仕事を自分に合わせるのではなく、自分を仕事に合わせるのだ。(p.78-79)

これは真実である。皮肉なことだが、結局のところ、「殺伐とした雰囲気」という「悪臭」の中にしか「やりがい」という名の「香り」は存在しないのだ。そしてそれは、その中でもがいて、苦しんで、ようやく見つけ出せるかどうか、という「代物」なのである。

今、就職活動する学生たちを見ていると、みな一様に、就職希望先の仕事に対して「やりがい」を見つけようとしている。まだ、「殺伐とした雰囲気」の中にすら入り込んでもいないのに、である。

わたしはそういう彼らを見て、多少の哀れみを感じるが、他方、それがある意味で人として「自然な態度」なのではないか、とも思っている。誰も、好き好んで「悪臭」の中に身を寄せたいなどと思うはずはないだろうし、できることなら気持ちよい「香り」に浸っていたいだろうから。

そうであってもしかし、タケシの言はどこまで行ってもマコトなのである。それが真実であり、現実なのだ。

――と、かく言う当方も現在、おのれの仕事に「やりがい」など微塵も感じない。無論、これからそういったものが見えてくるのかもしれない。もし、「やりがい」なるものを見つけ出したいと切に願うのならば、このまま辛抱して仕事を続ける以外に術はない(それでも見つかるかどうか、保証はまったくどこにもないが)。

しかしわたしは、仕事に「やりがい」があるかどうかが、「充実した人生」を送れるかどうかの指標となる、などと考えるのはやめたい。そうではなく、仕事に「豊かな人生を送りたい」とか「生きがいのある毎日を送りたい」などといった願望を託すのではなく、趣味に託してはどうか、ということである。

人生、仕事よりも大事なものがある、と思いたい。

無論、仕事の出来不出来がその人の生活の質を決め、また社会的地位も決めるのだから、仕事をおろそかにすることなどできない。しかし、それはあくまでも「パンのために働く」ことを前提とした考えである。

だがある先人は、「人はパンのみに生きるにあらず」という言葉を残した。これをわたしは、「人生、楽しく生きよ」と解釈してみたい。

仕事よりも大事なもの――ここでは、「楽しく生きる」ための何か、とでも定義しておこう。それは、ある人にとっては趣味であり、またある人にとっては家族であり、恋人であり・・・と多様である。そうした「楽しく生きる」という想いを、仕事に託すのは間違いだと思う。なぜなら、仕事はどこまで行っても「楽しく生きる」ということからは程遠い概念として存在するものだからである(「労働」「勤労」「労務」「職労」――「働く」を意味する「労」の別の意味を考えてみれば、おのずとそれが分かる)。

長く頑張ってみない限り、「やりがい」なるものが見つかるどうかわからない仕事とかというものに、自分の人生の多くをかけてしまうという生き方――そこに「楽しく生きる」という想いは少しもないような気がしてならない。

もう一度言う。

人生、仕事よりも大事なものがある、と思いたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。