2014/01/03

【歌舞伎座】壽初春大歌舞伎《夜の部》

kabukiza_201401fff[1]

去年の間に行こう行こうとは思っていた新装・歌舞伎座だったが、結局、腰痛とその他もろもろの事情で行けなかった。なので、年明け早々の2日と3日、さっそく足を運んだ次第だ。

2日は昼の部から見るか、夜の部から見るか迷ったが、どうせ1日はぐうたら過ごすのが世の常。そのダラダラは2日の午前ぐらいまで続くだろう。ならば午後から見るか、という戦略(?)でいたので、2日は夜の部から観劇した。続く本日3日、昼の部を見る。


東銀座駅構内で幕の内弁当を買い、出店をプラプラと見物し、いざ本陣・歌舞伎座へ。夜の部は、16時5分からの開場だったが、その前に昼の部を見終えた先客たちがゾロゾロ出てきた。と、そこに現れるは、黒縁メガネをかけた俳優の川原和久。ドラマ『相棒』の伊丹刑事だ。彼の嫁の父親が松本幸四郎なものだから、初日の舞台を見に来たのだろう。


さて、夜の部最初の演目は、『仮名手本忠臣蔵』の九段目「山科閑居」である。一応、名作の誉れ高い一幕ということになっているらしいが、個人的にはどうもピンと来ない。いわゆる、あの「歌舞伎らしさ」がこの演目は乏しいと思うからだ。

しかし、非常にどうでもいいことなのだが、「山科閑居」上演中、イヤホンガイドを務めていた小山觀翁(こやまかんおう)氏の淡く渋~い声が、妙に「山科」の冬景色(セット)と合っていて、いい気分に浸れた。幸せ者だ。夜の部は、小山氏の声とともに「山科」を観劇するだけでも、イヤホンガイドの元手は十分取れるはずだ。


「歌舞伎らしさ」をよしとするなら、次の「乗合船恵方万歳」のほうがまだいいだろう。山なし、落ちなし、意味なし、と言ったら「やおい」になってしまうが、この演目はまさに「やおい」そのものだ(無論、男色なし)。が、それがいいのである。役者はただただ踊り舞い、鳴物は音を劇場内に響びかせる――それでこそ「歌」「舞」伎なんじゃないか、と思う。

「歌」と「舞」こそが歌舞伎の醍醐味だが、それでいくと最後の演目『東慶寺花だより』はつまらない。これは井上ひさし作の新作歌舞伎だが、セリフもほとんど現代語だし、役者の動きにはまったくと言っていいほど「歌舞伎らしさ」がない。これじゃあ、舞台上で演じる時代劇となんら変わりないじゃないかと思うのだが。

無論、歌舞伎業界も古典だけにこだわらずに、新奇性を持ち込もうという画策なのだろうが、それでもわたしはこの新作歌舞伎、どうも好きになれないなあ。


以上、非常に簡単ながら今年の壽初春大歌舞伎夜の部の感想を書いてみた。昼の部のほうはまた、後ほど。
関連記事