2014/01/12

【新橋演舞場】壽三升景清

kotohoidemimasukagekiyo[1]

歌舞伎座のすぐ近くに新橋演舞場がある。歌舞伎座と比べたら、外観はすごく地味だ。かといって国立劇場のような上品さが漂うわけではないし、おしゃれなたたずまいでもない。しかし、劇場内のつくりと雰囲気は新橋演舞場が一番だと思っている。あの劇場内、歌舞伎座と国立劇場では醸し出されない、「大人の色気」が広がっているのだ。

だからこそ、なのだが、海老蔵の新春大歌舞伎は新橋演舞場でやるのが最もサマになる。個人的には、どうしても歌舞伎座や国立劇場では頂けないのだ。

演舞場、新春一発目の演目は『壽三枡景清』である。舞台上は、始まる前からすでに定式幕があけられており、そこにあるのはもうひとつの「舞台」とその舞台の幕、しかも大きな伊勢海老が描かれた幕だ。そしてその上には、市川団十郎家の家紋「三升」の描かれた提灯と、演舞場の座紋が描かれた提灯が掲げられている。団十郎家は、明らかに別格である。

演出といい、立ち廻りといい、どれも盛大だった。圧倒される。「こんな演劇、ほかにあるか?」と思わずにはいられない。無論、劇団四季も派手だが、わたしの場合、目が釘付けになったり、圧倒されたりはしない(歌舞伎と劇団四季を比較してウンヌン言うのもおかしな話ではあるが)。

初春大歌舞伎となると、やはり客も一段違ってくる。わたしの隣に座っていた貴婦人(老婦人だったが)は、前日の夜に盛岡から新幹線で駆けつけてきたと言っていた。この演目(『景清』のこと)を観終わったらすぐに浅草公会堂のほうへ移るのだと言い、実に熱心な方だった。

幕間の昼食時、その貴婦人と色々歌舞伎のことについて喋ったのだが、こういう愉しみが味わえるのも歌舞伎のいいところである。歌舞伎は決して、その演目だけで完結するものではないのだ。ウンチクとか逸話とか、あるいは弁当とか劇場内のつくりとか、ふとした歌舞伎漫談だとか、そういった歌舞伎「周辺」に目を向けるのも実に愉しいのである。

演目終了後、席を立つと同時にその貴婦人と別れの挨拶を交わした。「またいつか、どこかで」だったろうか。そんな言葉をかけられた。ああ、こういうのを人は一期一会というのかね。
関連記事