2014/02/23

「事実」は、「信じる」ことからしか生まれない

最近、書店に行くと統計学の本をよく見かける。

そういった本をパラパラめくってみると、「いままでの○○の通説を統計学で覆す」とか「統計学を会社経営に生かす」などといった文言をよく見かける。

まるで、統計学は「万能な学問」のように思える。これさえあれば、物事の真偽や善悪の判断が簡単にできるかのようだ。

しかし、である。統計学にできることは、結局、統計データ(それも、まったくの「事実」とまでは言えない、「事実」に近いと思われるデータ)の提示だけだ。そしてその統計データは、われわれ人間が「信じる」ことをしなければ、まったく生きないのである。

つまり、万能なように思える統計学という科学は、皮肉なことに、人間の「信じたい」という「感情」がなければ、無力なのだ。いくら、相手に「統計データでは○○という結果が出ている」と言っても、その人がそれを信じようとしなければ、たとえデータが「事実」を提示できていたとしても、その人にとっては「事実」になりえていないのである。

そんなバカな話があるか、と思われるかもしれない。しかし、「事実」とは、どこまでいってもそのことを「信じる」行為からしか生まれない。少し堅い言い方をすれば、「事実」はそれを信じるという「感情」を担保に存在できているのである。

無論、わたしは書籍などに掲載される統計データは、きちんと出典が明示されているのであれば、基本的にはそのデータは(完全に、とまでは言えなくとも)「事実」を示していると思っている。しかし(賢明な方ならすでに気づいたと思うが)、この「思っている」というは、まぎれもなく「信じている」の言い換えにすぎない。そしてなぜ、それを「信じる」のかというと、それは結局「統計学を使って出したデータだから」という、トートロジー(循環論)に陥ってしまうのである。

しかし早い話、そんなことはどうだっていいのだ。要するに、「信じ“たい”から信じる」のである。結局、どこまでいっても「信じる」とか「信じたい」とか、そういった「感情」でわれわれは物事の判断や決定を下すのだ。

統計学ブームというと、いかにもわれわれ人間がより理性的/科学的に物事を判断・決定するようになったと見える。だが実際は、理性とか科学とかそんな「高等」な話ではなく、「信じる」だの「信じたい」だのといった、「感情」のレベルにとどまる話なのではないだろうか。
関連記事