2014/05/03

【歌舞伎座】團菊祭五月大歌舞伎(夜の部)

kabukiza_201405f3[1]

團菊祭とあってか、それとも父・團十郎の後を受け継ぐ海老蔵が出演ということあってか、今月の昼の部のチケットはどうやらもう、売り切れのようだ。とはいっても、夜の部は不人気(?)らしく、まだチケットも残っている。

今回、私は夜の部を観に行った。一番楽しみにしていたのが、「春興鏡獅子」だ。

しかし、である。前半の小姓・弥生こと菊之助の舞踊は、色っぽくてものすごく魅了されてしまったのだが、胡蝶がなんとも興醒めな演出だった。というのも、魅惑に満ちた二匹の蝶が、なんと「成人」(成虫?)なのである。

DVD「鏡獅子」(主演・5代目坂東玉三郎)に親しんでいた私からすると、胡蝶は「成人」ではなく、子供(子役)こそが似つかわしいと感じる。シネマ歌舞伎「春興鏡獅子」でも、亡き18代目勘三郎が演じた時は、胡蝶は子供だったのだ。

第一、あんな真っ赤な着物を「成人」(「女形」というべきだろうが、果たしてあれが「女形」と言い切れるかどうかも怪しかった)が着ても、野暮にしか見えない。「鏡獅子」ファンからすると、これはなかなかショッキングな「事件」である。

ちなみに、この「鏡獅子」という芝居、なぜ私は好きなのかというと、演出上のコントラストが素晴らしいからである。まず、勇猛な獅子と、可憐な胡蝶という登場人物のコントラスト。そして、手弱女たる弥生の舞い(前半)と、益荒男のような獅子の踊り(後半)という舞踊のコントラスト。こうしたコントラストが良いのだ。そしてあの胡蝶が、小さくて、かわいくて、子供らしさが溢れているからこそ、後半の獅子の踊り(特に毛振り)が大きく映えて見えるのである。

それが今回、「成人」での演出ということなのだが、どうにもこうにも違和感があって、見ていて「なんだかなぁ」という感じだった。

ところで実はもう一つ、残念な演出があって、それが最後の見せ場の「毛振り」だ。この芝居最大のポイントなのだが、菊之助は疲れていたのか(?)、豪快であるはずの毛振りが、どうも豪快ではなかった。毛振りがだんだんと速くなっていって、最後はもう全身全霊で、体を吹っ飛ばすくらいの勢いで振りきって幕を閉じる、という「はず」なのだが、今回の菊之助の毛振り、それがなかったのだ。振りがだんだん速くなる、ということがなく、「常速」のまま幕となってしまった。ここは「安全運転」などやめて、「危険運転」を貫いてほしかった、というのがファンとして想いだ。

さて、批判ばかり書いてしまったが、夜の部にももちろん見どころはある。なんといっても、今回は團菊祭ということで、海老蔵が久々に歌舞伎座に戻ってきた。期待大なのは、やはり海老蔵なのだ。

夜の部が不人気なのは、海老蔵が「幡随長兵衛」に出るからなのかもしれない。が、あの侠客・長兵衛は、海老蔵の「ちょいワル」な雰囲気と本当にピッタリでサマだ。煙管の吸い方も、目を瞑りながら、なにか悟ったのような感じが粋で美しい。そして、これから敵陣に単身で乗り込もうとするところを、女房と息子にとめられるも、それを冷静に、かつ哀愁漂わせながら説得する姿も、思わず男のわたしも見惚れてしまったくらいだ。

「幡随長兵衛」を見ていたのか、それとも「幡随海老蔵」を見ていたのか――そんな心地だった。30代という若さで、あれだけの貫録が出せるからこそ、海老蔵はやっぱり魅力的なのである。
関連記事