--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/18

私の愛する「古典」

日本の思想 (岩波新書)日本の思想 (岩波新書)
(1961/11/20)
丸山 真男

商品詳細を見る


『日本の思想』――この本だけは、私にとってどうしても手放せない本だ。

大学生だった当時、この本を扱って授業をしていた先生がいた。実に面白い授業だった。社会人の今でも、またもう一度、あの授業を受けたいと思っているくらいだ。

授業もさることながら、わたしは本書の著者である丸山眞男に惹かれた。彼の強靭かつ鋭利な知性と知識量、秀逸な言語表現、「なるほど、そういう見方があるのか」と舌を巻いてしまうユニークな視座――わたしにとって、唯一尊敬、いや崇拝に値する「日本の」大学教授である。

「なんともオーバーな言い方だ」と思われるかもしれない。事実、オーバーな表現できる人だったので、賞賛と同時に多くの反感と非難を浴びた人でもあった。おそらく、「日本の」大学教授で、ここまで多数の賛否両論のある人は後にも先にも丸山眞男だけなのではないかとさえ、わたしは思っている。

彼をあまねく天下に知らしめたのは、おそらく本書だろう。とはいっても、丸山の本来の仕事は、日本の政治思想史の研究だった。しかし皮肉なことに、本書には、その「片鱗」程度の論文と講演録しか入っていない。それでも、「丸山眞男」といったら『日本の思想』だよね、と彷彿させる――そんな本なのだ、本書は。

新刊書に飽きてきた今日この頃、わたしはいま再び、この『日本の思想』を読んでいる。相変わらず文章表現が難解に感じる。再読なのに、「一読」ではなかなか文意が取れない箇所が多々ある。それでもゆっくりと、そしてじっくりと読み解いていけば、「なるほど、そういうことか」と理解できる。

わたしが社会人になって会社員生活を送る傍ら、日々実感するのが、「人間はイメージを頼りにして物事を判断する」という丸山の考えだ。

会社(というか、あらゆる組織や集団すべてに言えることだろうが)では、一度でも「アイツって◯◯だからな~」とか「あの人って☓☓な感じだよね~」といったイメージができ上がると、人は皆、そのイメージをもとにその人に接するようになる。別に、本当に当人がそのイメージ通りなのかどうかに関わらず、である。

「そんなの当たり前だ」と思われるかもしれない。しかし、「当たり前だ」と言いつつ、こうした事実を受け入れたくない人は、少なくないはずだ。「オレ、本当はそういう人間じゃないんだけどな」とか「わたしって実はそんなことないんだけど」といった、周囲のイメージと自分の認識とのズレに、程度に差こそあれ、思い悩んだり考えこんでしまったり、という人が多いのではないか。

わたしはあるときから、この丸山の考えを「応用」してみたらどうか、と思うようになった。つまり、人がイメージで物事や人を判断する、というのであれば、自らを自らが作った「イメージ」でまとわせ、そのイメージを、うまく周囲が持つ自分のイメージと合致させ、会社という世知辛い場を凌いでいく、ということをやってみたのである。メディアでよく耳にする、「なりたい自分になる」というアレだ。結果、自己評価ではあるが、「なかなかうまくいっている」と思っている。わたしは、丸山からヒントをもらい、イメージとしての「なりたい自分」とやらに「なってみた」のだ!

と、そんなことはさておき、こうした「当たり前」とされていることを、改めて「きちんと厳密に言葉にする」というのは実はすごく難しい。なぜなら、「当たり前」であるがゆえに、それを「当たり前」として片付けてしまうことで、その「当たり前」を「きちんと」認識しようとしなくなるからである。丸山眞男の魅力の一つは、こうした「当たり前」を「きちんと厳密に言葉にする」ところなのだ。

本書は今日、もう「古典」と呼んで差し支えないだろう。岩波新書の名著ベスト5に、確実にランクインする一冊だと思う。佐藤優が『人間の叡智』(文春新書)で、「自分の中に、最低でも2つの古典を持て」と言っているが、幸いにも私は本書によって、ひとつ「古典」が持てたのである。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。