2014/09/25

趣味も「積み重ね」が大事 ― 『趣味力』

趣味力 (生活人新書)趣味力 (生活人新書)
(2003/04/11)
秋元 康

商品詳細を見る


わたしは、歌舞伎や文楽や能といった伝統芸能を観るのが趣味のひとつなのだが、こういったものと接していると、つくづく「趣味も結局、“積み重ね”がモノを言うんだな」と感じる。

ここで言う「積み重ね」とは、芝居を何度も観ることや、芝居関係の書籍を読むことや、芝居周辺の情報を集めることなど、要するに知識や体験の「蓄積」のことだ。こういった「蓄積」が、自分の「見方」「感じ方」を変化させてくれて、鑑賞をより面白くしてくれる。

そういう意味で、あることを自分にとって“心から楽しめる”趣味にしようと思ったら、それ相応の時間がかかると考えたほうがいい。だから、著者も「「定年になってから」ではなく、今、始めよう」「一生をかけて一生モノの趣味を探す」と言う。

「勉強や仕事というのは、積み重ねが大事だ」とはよく聞くが、これは何も勉強や仕事に限ったことではなく、趣味についても同じことが言えるのではないか。だから、若いうちから(若くなければ、それこそ著者の言う通り、「今」から)趣味を耕しておいたほうが、それだけ「積み重ね」ができるのだから、お得だ。

それから、趣味が長続きするかどうかというのは、趣味にしている対象に、自分が「欲」を持っているかどうか(「◯◯をもっと知りたい」「☓☓について知識を集めたい」「□□ができるようになりたい」など)である。このことについても、著者は「大事なのは「できるようになりたい」という気持ち」だと言っている。

そう考えると、テレビゲームで遊ぶことやアニメ鑑賞は、それはそれで趣味になるだろうが、「継続性」や「持続性」という点で見たら、長続きはしづらいのではないだろうか。というのも、それについて知ることのできる範囲が、どうしても、そのゲーム、アニメ内で「話」や「世界」だけで完結してしまうため、限定されるからだ。そこからさらに「横」に広がったり、「時」を遡ったり、といった「幅」が持ちづらいのである。(無論、テレビゲームやアニメ鑑賞という趣味を否定するつもりは、毛頭ない)。

とはいっても、趣味は趣味。気楽に考えればいいと思う。本書はタイトルが「趣味力」だが、趣味に「力」だなんて大袈裟すぎる。「力」は抜こう。趣味は「力」を入れるためにあるのではなく、楽しむためにあるのだから。
関連記事