--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/01

個体主義と選挙権

NHKが放送した、『世界のいま』(5月1日付)を見た。18歳選挙権の特集で、各国の20歳未満の若者たちが選挙に対し、どのような考えを持っているか、その現状が出ていた。

見ていると、大半の日本の20歳未満とは比べ物にならないであろうくらいに、選挙を大真面目に考えているようだった。下手をすると、大方の20代後半の日本の若者すら、こんなことは言えないし考えてもいないであろうことを、自分のことのように話している外国の若者たちに驚かされた。それくらい、彼らにとって選挙は身近なことで、自分に直接関わることだという意識が強いのだろう。

では、なぜ彼らはそのような意識を持てるのだろうか。その放送を見ていると、ずいぶんと若い時(12歳くらい)からどうやら、政治や選挙についての授業を熱心にやっているかららしい。しかも、日本の学校でやる「公民」のような、至極退屈な授業スタイルではなく、ディスカッション型だ。自分の意見をしっかり述べ、相手の意見もしっかり聞く。基本的に先生は政治や選挙に関する基礎知識しか教えないようで、あとはそれを土台に自分はどのような考えを政治や選挙に対して持っているのかを語り合うようだった。「忌憚のない」とは、まさにこういうことだろう。

日本の学校でも最近はこういう授業をやるようにはなってきているが、それでもこの放送で見たようなものの比ではない。なんとなく、というか、漠然とした、というか、そういった当り障りのないことしかやらない。

選挙権を18歳から持てるようにすることで、何か変わるかといえば、私は何も変わらないと思っている。なぜなら、10代よりも思慮分別がついているであろう20代ですら、選挙権の行使率は低いからだ。

選挙権の問題は、年齢ではなく、風土やお国柄といった問題の方が、影響しているのではないか。そもそも、日本では公的に認められた権利を「行使する」ことに関心がなかったり、ためらいがあったりする。

例えば、サービス残業が平然と存在しているのも、法的根拠をもとにして「残業代を請求する権利」を行使しようとしないのが一因になっている。セクハラやパワハラがひどくても、なにもせずに泣き寝入りしてしまうというのも同様だ。

「自分個人から何かを積極的にやろうとする」こと自体に、なんらからのストップがかかりやすい要因があるのだろう。

昔、大学生だった頃、教わっていた教授から「日本人は欧米人などと比べられて、よく集団主義だなどと言われるが、そうではなく“個体主義”なのだ」と言われたことがある。

「個人主義」ではなく、「個体主義」である。その先生に言わせると、「個人主義」は、あくまでも一人の人間が「集団」ではなく「個」として「動く」ことが「個人主義」なのだが、「個体主義」は、一人の人間が「集団」として動くことは好まず嫌がり、かといって「一個人」として何か積極的に行動することができず、またその個人の責任で活動することができるかというとそれもできず、ただただ、一人ひとりが「個“体”」のように存在し、「個“人”」として、自ら動くことはせず、したがらない。そういった状態を先生は「個体主義」と呼んでいた。

なるほどとわたしは思った。日本人は集団主義のように見えるが、内実、集団で動くことを嫌がっているのだから、集団主義の信奉者ではないのだ。より正確に捉えるならば、先に言った、「個体主義」なのだ。

いまの子たちを見ていると、より「個体主義」化しているように見える。あくまでも「個人」として存在したがらず、「個体」という、いわば「モノ」化することで、自らを「秘匿させたい」傾向が強いのではないか。動画サイトなどでよく見かける「顔だけ映さない自分」の動画は、まさにそういった心理の表れのようだ。

選挙権の行使は、「個体主義」とは相反するものだ。こうした「個体主義」が広くこの国に根付いている以上、「18歳から選挙権を」などといっても、あまり意味がないように思う。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。