--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/11/26

安室奈美恵と、自分のこと。

11月23日NHK放送の、『安室奈美恵「告白」』を見た。安室の引退について、彼女のこれまでの活躍を振り返りながら迫った番組だ。

この放送の約一ヶ月前に、安室が歌手の引退を表明した。

ものすごく驚いた。と同時に、自分が幼かった頃から聞いていた安室の曲を、その当時の自分のこととともに思い出した。

安室奈美恵は、私が生まれて初めて覚えた最初の女性歌手だった。その頃はまだ、『ポンキッキーズ』に安室奈美恵と鈴木蘭々とが、アシスタントのような位置づけで番組に出演していた頃だった。『ポンキッキーズ』が好きだった私は、その番組に毎回安室が出演していたので、幼くも、彼女になんとなく親近感を持っていたのを覚えている。

彼女の曲の中で、初めて印象に残ったのは『Chase the Chance』だった。当時は幼かったので、曲名が分からなかったが、サビだけはしっかり覚えていた。それから幾年も、サビだけは口ずさめるものの、曲名と歌手が分からないというモヤモヤが長い間ずっと続いていた。そしてこの曲がリリースされて約14年後、とある機会にこれを聞き、「あの曲、安室の曲だったのか」と衝撃を受けた。ようやく歌い手とその曲名が分かった時の嬉しさは何とも言えなかった。以来、一人カラオケをする時は、よくこの歌を歌うようになった。

90年半ばから終わりまで、安室はとにかく絶頂期だった。小室哲哉とともにキャッチーなメロディーと歌声を披露してくれる彼女は、J-POP華の時代を代表するのに相応しい人だった。

大学生になってからも安室奈美恵の曲はよく聞いていた。とは言っても、90年代に発表した曲がほとんどではあったけれども。しかし、安室奈美恵本人のことが大好きだったし、自分にとってはなんとなく、(大変不遜ではあるのだが)「自分に縁のある人」のような感覚を持っていた。別に彼女のコンサートに行ったことなど一度もないのに、である。それでも、なぜか「親近感」という、(無論「親」しい関係でも「近」しい関係でも当然ないのだが)不思議な感覚を持てた唯一の女性歌手が、宇多田ヒカルでも浜崎あゆみでもなく、安室奈美恵だった。

ところが、ある時から彼女が歌番組に出演するのを見かけなくなるようになった。昔はよくテレビで見ていた安室奈美恵が、いつしかテレビから遠い存在になっていった。だから、2016年のオリンピックテーマソングで安室奈美恵が歌ったときにテレビで見かけたのは、自分にとってちょっとした驚きだった。

そしてこの約一年後、安室が歌手引退を発表した。

これを聞いて、自分が幼かった頃から聞いていた安室奈美恵の曲を一気に思い出してしまった。もう、安室を目にすることはないのだ、という悲しさを伴いながら。

「平成」という時代は、もうあと数年で終わるという。自分にとって安室奈美恵は、「平成」という一時代すべての音楽を象徴する歌手だった。少なくとも私にとって、「平成の曲」は「安室奈美恵の曲」であり、「平成の歌手」は「安室奈美恵」その人だった。

本当に今までありがとうございました、というのが今の私の気持ちである。自分にとって、どこまでもどこまでも身近な曲は、安室奈美恵の曲でしかなかった。しかし、もう彼女のことを見られる機会はないのだろう。本当に残念ではあるのだが、むしろ、非常にきれいな形で職を退く彼女のことが、ますます好きになってしまった。

私にとって「伝説」的な、でも「身近」でもいてくれた歌手・安室奈美恵さんに、心から御礼を申し上げます。これまで本当に、ありがとうございました。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。