2011/04/29

生きる為のルールだから、ほんの少し悲しいだけ ― 『ルポ 餓死現場で生きる』


ルポ 餓死現場で生きる (ちくま新書)ルポ 餓死現場で生きる (ちくま新書)
(2011/04/07)
石井 光太

商品詳細を見る



体で書いた本というのは、どれも面白い。著者本人が直に現場で触れてきたもの、感じてきたものを記しているからである。それは読者に、時には感動を与え、時には残酷を映し出す。

本書はどちらだろう。無論、後者である。そしてこれは仮想世界の話ではない。現実世界で、今まさに起きていることなのだ。

貧困問題というと、たいていテレビか何かでその現状が映し出され、「ああ、なんてかわいそうな人たちなんだ」「さぞつらい世界なのだろう」などというありがちな感想を、我々一般人は抱きがちである。

しかし本書を読む限り、そういう見方は金持ちで豊かな人間たち(彼らと比べての話だが)の上から目線に過ぎない、と私は感じた。


そこで私は考えました。私たちは、アフリカの人々のそうした気持ちに、どの程度思いを馳せたことがあるだろうか。少し踏み込んで言うと、私たちは、アフリカの人々が少なくとも我々と同じ程度に祖国に誇りを持ち、我々と同じ程度に優秀で、我々と同じ程度に幸せな暮らしを営んでいることを知っているだろうか。日本とアフリカの経済規模や科学技術の水準の差に目を奪われ、国力の差を個々人の幸福度の違いと錯覚し、「進んだ日本、遅れたアフリカ」「幸せな日本の暮らし、気の毒なアフリカの暮らし」と思い込んではいないか。そうした認識に拘泥することが、巡り巡って日本社会を覆う閉塞感に関わっているのではないか・・・。(『日本人のためのアフリカ入門』(p14)


上記はアフリカについての話だが、アフリカ以外の、「貧困で苦しんでいるとされている国」と比べた場合でも同じことが言える。

貧困問題について考える時、「我々(先進国、金持ち側の人間)はどう思うか」という視点から論じてしまいがちだが、実際は、つまり、「貧困で苦しんでいるとされている人たち」はどうなのかを前提にしないと、話は全く変わってくる。

以下、そのことを感じさせてくれたエピソードから引用。


当時、ヘレンは14歳になったばかりでした。母親はスラムにとどまっていれば、ヘレンは自分と同じように誰かからHIVをうつされることになるかもしれないと心配しました。が、母親である自分に残されている時間はわずかです。そこで、彼女は田舎に帰るとすぐ、仕事のある21歳の男性をヘレンの許嫁として決めてしまったのです。

(中略)

彼女は次のように言っていました。

「お母さんが私を思ってこうしてくれたのがわかる。だから、お母さんの言う通りに結婚した。村では、お母さんばかりじゃなく、他の親も同じことをしている。いい年になってブラブラしていると、『あの女はHIV感染症じゃないか』なんて噂が立ってしまうし、本当にそうなってしまうから、できる限り早く結婚させたがるのよ」

私は、君はそれでもいいと思っているのか、と尋ねました。彼女はうなずいて答えました。

「もちろんよ。私だって色んな人と関係して病気になるより、きちんと家庭を持って安全な生活をした方がいいと思っている。結婚については、まったく悔やんでいないわ」(p149)


「こんな強制的に結婚させられてしまうなんて」などと同情心の一つでも持つかもしれない。かくいう私もそうだ。が、どうやらそれは見当違いのようである。


「別れることは怖くない」君は涙みせずに言った
生きる為のルールだから、ほんの少し悲しいだけ


私の好きな曲『金曜日のライオン』(TMネットワーク)の歌詞の一部だ。書いていて、ふと頭に浮かんできた。そう、彼らにとっては「生きる為のルール」なのである。

そして本書『ルポ 餓死現場で生きる』は、まさにこの「生きる為のルール」がこんなにも多様なのだということを、つぶさに教えてくれるのだ。

先のエピソード、それはその一部分に過ぎないとしたら、あなたはどう思うだろうか。
関連記事