--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/24

「ことばの乱れ」「美しい言語」という妄想 ― 『はじめての言語学』


はじめての言語学 (講談社現代新書)はじめての言語学 (講談社現代新書)
(2004/01/21)
黒田 龍之助

商品詳細を見る


言語学のおもしろさを知ることができたのは大学3年の時だと思う。

本書を言語学の「導入の導入」として読むのも良いし、純粋に「ことばって何?」という興味・関心から読むのも良い。

個人的には第一章と第六章がオススメだ。気になった一文を小見出しや本文中からちょっと引用しよう。

① 「語源研究が言語学なのではない」
② 「人間にだけ言語がある」
③ 「『ことばの乱れ』という発想が言語学にはない」
④ 「《美しい言語》も《汚い言語》もない」
⑤ 「言語学がわかると何の得になるか?」

けっこう刺激的な文句ではないだろうか。

よくマスコミが「今の若者はことばが乱れている」などと報道するが、その手の言説を信じている人たちからすると、③は意外に思われるかもしれない。だが、「乱れ」ているかどうかという判断は、その人自身の感情によるものだ。言語学において、これは「ことばの変化」として処理される。④の「美しい言語」「汚い言語」も似たようなもので、どうにもこうにもない、まったくの個人的な趣味である。

⑤は、いわゆる学問の「要不要論争」と関わってくるが、言語学は自動翻訳機の製作や音声認証システムなどを作る際に役立っているという側面があるため、そういう意味では「要」の部類に入るのかもしれない。

だが自然科学・人文科学問わず、全ての学問に対して、役に立つのか立たないのかという問いはそもそもナンセンスであり、筋違いである。学問の本質は、物事の仕組みや現象などを調べていくことだ。その結果として「こういう仕組みや現象を◯◯に応用したら生活していく時に役立ちそうだな」という考えが生まれ、それを反映したモノ、つまり実用品が出来上がる。初めから生活に役立つモノをつくるために「学問」ができあがったのではない。論争の主旨自体、本末転倒なわけである。

最後になるが、第2~5章で言語学にはどんな分野があり、どんなことをするのかという基本を概観することができる。ところどころ散見される著者のボケやツッコミ、冗談もおもしろい。堅苦しくなく気軽に読める良書である。



※以前、ブログで『メタファー思考』という本を紹介したが、メタファー(広い意味での比喩)については「認知言語学」という領域で取り扱っている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。