--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/26

侃侃諤諤のすすめ ― 『西洋美術史入門』

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)
(2012/02/06)
池上 英洋

商品詳細を見る



ジャン=フランソワ・ミレーの『落穂拾い』に感動したのは、小学校1年生の時。

音楽室かどこかへ向かう途中、廊下の壁にかかったその絵をたまたま見たわたしは衝撃を受けた。

それまで目にしたこともない写真のような絵に、思わず心が吸い込まれた。のちにその絵を描いたのが「ミレー」という人だと知り、両親に彼の画集を買ってもらったぐらいである(残念ながら今は紛失してしまった)。

不思議なもので、今でもミレーの絵を見ると、あの時の感動がよみがえる。しかし、その心地よさは、単に「美しさ」に対する憧憬から生まれ出てくるものだ。

それはそれで良いのだろうが、物には「格」がある。絵画の世界、というよりも芸術の世界に「格」があるように、鑑賞者側にもまた「格」が存在する。

鑑賞者側の「格」とは何だろうか?それは一言で言えば、芸術作品に対する知識や教養の有無や量だ。

「美しさ」を「美しさ」として楽しむという段階から、その「美しさ」の奥にひそむ、描かれた当時の時代や作者の背景を知るという段階へ――本書は、そのステップへの親切な架け橋となっている。

いきなり時代順に絵の解説を始める美術書というのはじつに多い。だが、この本は違う。まず「美術史とはなにか?」という漠然とした問いから話が始まる。


「なぜ美術を学ぶ必要があるのか?」
「絵を“読む”とはどういうことか?」


こういった問いは、およそ人文学を学ぶ上で最初に知っておくべき、考えておくべきことだ。著者は書き漏らさずにその持論を展開している。

意義の確認が終わったら、次は「書く」ことを学ぶ。「描く」ではない。「書く」を学ぶのだ。つまり絵を見、その様子を文字に起こす作業をするのである。

できるかぎり忠実に、そこに何が描かれているのかを文章にするのだ。これは「ディスクリプション・スキル」と呼ばれるもので、美術科で学ぶ学生なら誰でも一度は経験するのではないだろうか。

以下、絵画における記号論そして図像学を知り、第三章から実際に絵を読み解いていく。

もちろん西洋史の知識も欠かせない。とはいっても本書を読む上では大丈夫。きちんと著者が補完してくれている(美術史の本でよく見かける「バロック」「ロココ」「印象派」といった、「聞いたことはあるけれど、あまり知らない用語」の解説集もくっついている)。

最後に、あとがきの中にある一節から。

ヨーロッパの美術館に行くと、学生たちが輪になって座り、絵の前に立っている先生と議論している光景によくでくわします。それこそ、小学生から大学生まで。誰も彼らに向かって、うるさい、迷惑などと言う人はいません。皆、小さい頃からそうやって作品を前にして考え、意見を言い合ってきて、自分なりの作品の楽しみかたを育んできたからです。(p183)

日本ではこうはいかない。そばにいたオヤジに、「うるさいよ!」などと小言のひとつでも言われてしまう。でなければ館員がとがめに走ってくること必至である(笑)。

しかし、ただじっと静かに正視することだけが「絵画を鑑賞すること」ではない。時にはその場で熱く語り、意見をぶつけ合うこともまた「絵を読むこと」のひとつだ。

「閑賞」(静かに楽しむ)に干渉するつもりはまったくないが、「寛賞」(くつろいで楽しむ)の心も時には必要である。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。