2012/03/28

「暇つぶし」も立派な能力 ― 『老いの才覚』

老いの才覚 (ベスト新書)老いの才覚 (ベスト新書)
(2010/09/09)
曽野 綾子

商品詳細を見る



「若者こそ読むべきブックリスト」なるものを作るとしたら、本書は間違いなくその中の一冊となるだろう。

その理由はいろいろあるが、あえて一つに絞ろう。この一文を若いうちから肝に銘じておくべきだからだ。

年をとると、いっしょに遊べる友だちがだんだん減っていきますから、早いうちに一人で遊ぶ癖をつけておいたほうがいいと思います。(p111)

最近、わたしが周りの(若い)人を見ていてつくづく感じるのがこのことなのだ。どうやらどうやら、一人で遊べない人が多いようである。

昔、アルバイト先で知り合った女の子との話。

当時その子は高校生で、わたしによく悩みの相談を持ちかけていた。
そんなある日、こんな質問を受けた。

「最近つまらなくて楽しいことがないんです。どうしたらいいですか?」

学校にいる時間帯は友だちと話せるから楽しい。ところが家に帰ったとたん、やること(勉強以外)が何もないそうである。

「ケータイ持ってるんだし、友だちとメールやら電話やら、オンラインゲームでもしたらいいんでない?」

こんなアドバイスをしてみた。だが相手にも都合があるし、いつもいつもコミュニケーションがとれるわけではない。こういった「遊び」はうまくいかない、と彼女は言う。

確かにその通り。ならばひとりで遊ぶしかない。ところが話していくうちに、どうも彼女一人では何もできないようなのだ。高校生で、しかも社会人と比べたら時間も気力も体力もあるであろう若い女の子が、なぜ一人で遊べないのだろうか。

しかも、その子と同世代の他の子たちともいろいろ話していくうちに、意外とその手の人が多いのを知った。

「一人で遊べない症候群」とでも名づけようか。わたしは直でこういう人たちと触れ合ってきたから、曽野綾子の上の主張がかなりリアルに感じられて仕方がない。

誰だったか忘れたが、昔とあるコピーライターが「教養とは、自分で暇な時間をつぶせる能力のことだ」という主旨の発言をしていたのが忘れられない。

今なら当時よりもよくわかる気がする。辞書的な定義で、この「教養」という言葉を受け取ってしまうと確かによくわからない。だがもっと咀嚼して「自分の頭で考える力や行動する力」とでも解釈すれば、意味は通じるかもしれない。

そう考えると、本書に出てくる「くれない指数」(自分からは何も行動せずに、他人にばかり「~してくれない?」などとねだる、受動的な言動の多さ。曽野綾子の造語)は、「無教養指数」とでも言い換えられそうだ。

要するに、自分ひとりではなにも楽しいこと(≒暇つぶし)ができないのだ。そうか、「暇をつぶせる」のも、立派な「能力」の一つだったのか!

それにしても本当にコワイ。数十年後、わたしが未来の若者から見て「老人」と思われるような年になった時、「一人では何もできない(主に暇つぶし的なこと)」という状況に陥るのが、本当に本当にコワイ。

なんせその頃はヨボヨボ、気力・体力ともに大幅に弱っていることだろう。やっぱりこういうことは、若いうちから「訓練」しておいた方がいいんだよ、きっと。

来るべき時に備えて、わたしはこの本を読んでおく。「一人でも遊べる老人」になるために。
関連記事