--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/28

Japan with Gold ― 『黄金の日本史』

黄金の日本史 (新潮新書)黄金の日本史 (新潮新書)
(2012/05/17)
加藤 廣

商品詳細を見る



近頃、金本位制の復活がささやかれているようだ。
アメリカでは、もうすでに金本位制を実施している州もあるという。
中国や韓国の金買いも増してきているらしい。

その動きを睨んでの企画だろうか。本書のテーマは「金(ゴールド)+日本史」である。日本とゴールドの関わりを通史で紐解くというコンセプトで、サクサク読める歴史読み物だ。

著者は「老生」を称する老作家・加藤廣。ところどころで炸裂する、我が国のお役人様批判が、本書では印象的だ。

話は変わるが、歴史読み物の企画で通史をやるなら、本書のようなテーマ史が一番おもしろいと思う。以前のエントリーで紹介した『物語 フランス革命』も大変読みごたえあるテーマ史だった。


最近は、高校の教科書を社会人向けに編集し直した本が売れているそうである。

わたしも受験生時代は、日本史の教科書にかなりお世話になった。だが、いまさら改めて読もうという気はさすがに起こらない。

教科書は知識だけを伝えるように設計されている。そのため、どうしても客観中立的な表現になってしまう。そこに歴史の流れや、感動を味わえる場面はない。この二つを得るためには、筆力はもちろん、執筆者の歴史観(主観)が必要だ。つまり、独断と偏見が大いにモノを言うのである。

歴史論争を「調停」するのは難しい。ならばいっそのこと、専門家各々の歴史観を楽しめばいいのではないかと思う。

普段、二度読みはほとんどしないが、本書は別だった。歴史書はあまり読まないタチだったが、これはオススメである。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。