--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/16

「議論することそのもの」の効用

有名ブロガー・ちきりん氏がこんなエントリーを書いていた。

Chikirinの日記 - 2012-08-13 「話し合って決める」という幻想

以下の部分は、私も賛成である。

ツイッター上でも「会話」をすることはあるけど、「議論」はしないです。ネット上で議論をしない最大の理由は「非効率だから」です。別の言い方では「時間の無駄だから」

140字という制限があるツールは議論をするのに向いてないし、議論の重要な前提となるべき過去の発言もどんどん流れていってしまいます。そしてなにより、議論の相手のことが全くわかりません。もしかすると相手は小学生かもしれないのです(いろんな意味で)。
文字制限のないブログでさえ真意が理解できる文章を書くのは難しいし、議論というのは「しきり役」がいないとどんどんズレてしまうものなので、遠く離れてボールを投げ合っていても、ほとんど噛み合いません。

ところが、後半からは大いに首を傾げてしまった。

なので「ネット上で議論をしない理由」は、「あまりに非効率で耐えられないから」なのですが、実はリアルの社会でも私はそんなに議論をしません。(他者の意見を聞くのは大好きだし、自分の意見を言うのも好きです。議論をしないだけです。)

その理由は、「議論する意味がないから」です。
(…)
世の中のすべての人の意見が「一致する」などということは起こりえません。いくら話し合い、議論しても、結果としてみんなの意見が一致した、などということは、ほぼないんです。
(…)
「話し合って決める」というのは、お花畑的幻想です。「話し合えば、相手も自分の意見と同じになるはず」などと思うのは、傲慢です。
(…)
「話し合って決める」という幻想を押しつけることは、「多様性の否定」につながります。「ひとつの意見だけが正しく、後は間違っている」と考えるのは恐ろしいことです。

このエントリーの疑問点は以下の2つ。

1、「議論すること」が、なぜか「何かを(正しい/間違っている/良い/悪いと)決めること」だけ、になってしまっている点

2、それ以外にはあたかも議論の効用はないかのように述べている点



私は、議論することそのものにも意味はある、と思っている。
議論することで、お互い、自分の意見や考えに「穴」があったと気がつくかもしれない。相手から、別の物の見方を提示されることで、視野がより広くなることだってあるかもしれない。また、議論することはそれなりに知的な力が必要なので、純粋に知的営為として議論を楽しむ、ということだってある(私もそういう風に議論を眺める時が多々ある)。

ちきりん氏はどうやら、「議論すること」というのは、「“勝ち負け”を決めること」であったり、「物事の是非を決めること」であったりするから、人によって多様な考え方がある以上、ある一定の考え方を強制させることはできないので、やるだけ不毛だ、といった風に考えているようだ。しかし、議論することには「議論することそれ自体」という目的(意味)もある。必ずしも相手を説得したり、間違いを指摘して自説の正しさを主張したりすることだけが、議論の目的ではない。意見と意見とを戦わせる「おもしろさ」を味わうため、といった目的だってあるのだ。

また、「議論をして何かを決めることは意味がない」と考えるのは、下手をすれば「相手の意見や考えや言い分は聞きません」「自分の言いたいことだけ、ひたすら言わせてもらいます」といった、独善的な態度にもつながりかねない。これこそ、ちきりん氏の言う、意見や考えの「多様性」を否定することになりはしないか。再三述べるように、何かを決めることだけが議論の意義ではない。単に、意見や考えを言ったり、聞いたりするだけでも「議論」である。

ネットの場合なら、「議論なぞ無意味だ」という態度でも構わないだろう(前述した通り、コミュニケーションの観点から見て非効率きわまりないから)。しかし、現実においてもそういった考えならば、「まずい」と言わざるをえない。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。