2012/09/09

お金と幸せについて ― 『昭和のエートス』

昭和のエートス (文春文庫)昭和のエートス (文春文庫)
(2012/08/03)
内田 樹

商品詳細を見る


人がお金を払って何かを買おうとする動機は、大別すると2つある。1つは、それが生きていく上で(どうしても)必要なものである時。もう1つは、それを買うことで誰か(多くの場合、自分自身)が「快」になれる時だ。私が本という品物を買うのは、おおよそ後者という目的があるからである。

しかし、「内田樹のエッセイ」となると、話は変わる。人生、仕事、生と死、教育、幸福・・・ありとあらゆるジャンルについて、内田は語り尽くす。私にとって、彼の本を買うというのは、後者のみならず、前者という目的もあるのだ。そのくらい、今の(若い)自分には、彼の影響力の強さを感じている。

本書も例外ではない。例のごとく内容は多岐に渡るが、その中から「お金と幸せ」の章について紹介してみる。内田の「お金と幸せ」に対するスタンスは、以下のようだ。


1、金で幸せを買うことはできない。しかし、金で不幸を追い払うことはできる。

2、「お金と幸せ」について考え続ける限り、そこから何らかのベネフィットを手にすることはできない。もしそれを手にしたければ、「お金と幸せ」について、できるだけ考えないようにすること。



1について、後半は私も同感である。例えば、早朝の満員電車に乗りたくない時、金を払ってグリーン車などに乗り込めば、「押し合いへし合いという不幸」を追い払う(回避する)ことが可能である。さらに嬉しいことに、ゆったりと読書もできるという「特典」付きで。

ところで、前半はどうだろうか。もう少しばかり、幸せの種類を分けて、「持続性のある幸せ」と「その場限りの幸せ」の2つにしてみた場合、「持続性のある幸せ」については確かに金では買えないと思う。一方、金で買えるのは「その場限りの幸せ」である。

「その場限りの幸せ」とは、具体的な例を挙げれば、「おいしい食べ物を食べること」などである。確かにその時は一時的に嬉しい・楽しい気分にはなる。が、食べ終えればその時の感情は一気に消え去る。文字通り、幸せは「その場限り」である。

他方、「持続性のある幸せ」についてだが、これは「自分で作る」ことによって初めて生まれるものだ。まず、「作った」という達成感が幸せに変じる。また、作ったものをしばらくの間「観賞する」という幸せもある。そして、それを改変したり、そこから刺激されて新たなもの作ったりして楽しむという幸せだって存在する。つまり、幸せが次元の異なる幸せと繋がっているのだ。だから、幸せに「持続性」があるのである。私の場合、ブログはもちろん、個人的に書いている日記もこれに該当している。文章を書くとは、文章を「作る」ということであり、その楽しさというのは、以上に記した通りなのだ(これは自分で自分を観察してみて思うことである)。

そして、作るものは別に具体的事物でなくてもよい。抽象的なもの、例えば「人脈」「友情」などについても同じことが言えるだろう。

しかし、幸せを得るためには「初期投資」として、いくらかの金が必要な場合も少なくない(例えばブログをやる場合、「パソコンを買う」という「初期投資」が必要である)。そういう意味で、厳密には金を要していることにはなる(しかし、莫大な量の金は必要ない)。

さて、1について、あれこれと色々考えてみたが、2はどうか。これもやはり同感である。逆説的に聞こえるが、幸せとは「自分が幸せであると意識して“いない”時」に初めて得られるものだ。なぜかというと、幸せな時は、自分を幸せにさせてくれる対象に夢中だからである。そして、普段我々が口にする幸せとは、事後の「思い出す」という動作によって感じる、「仮」のものである。

また、経験則からして「幸せとは何か」について考えている時というのは、たいていの場合、幸せでない時だと言える。言い換えれば、こういったことを考えるようになったら、「私は今、不幸です」という証しだ。

ということは論理的に考えると、今こんな文章を書いている私も「不幸」ということか(笑)。
関連記事