--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/27

なぜ私は文章を書くのか

今年(2012年)も残すところ、わずかとなった。そして同時に、このブログも、始まってからおよそ2年が経とうとしている。実は、このブログ以前にも別のブログをやっていたのだが、ほとんど続かず、すぐに潰してしまった。だから今、このブログが奇跡的に「生存」していることに、嬉しさを感じている。

ところで今、私はこのブログにアクセス解析を取り付けていない。理由は、たぶん誰も読みに来ないだろうと思っているからだ。別に自虐でも謙遜でもない。面白いことなど何一つ書いていないし、いつも何だか中途半端な「読書感想文」で終わってしまっているなと反省している。

それに、仮に取り付けたとしても、訪問者数のあまりの少なさに、きっとめげてしまうであろうことも自覚している。こういう理由から、私はアクセス解析を取り付けないことにしている。

それなら、「日記」で物を書けば良いではないか、という話になってくる。なぜ、「日記」ではなく「ブログ」という形式で物を書き続けているのか――それが実のところ、自分でもよく分かっていないところがある。無論、ぼんやりとした理由として、「何だかんだ言っても、やっぱり誰かに自分の書いたものや、自分の考えを読んでもらいたい」という子供じみた自己顕示欲から、というものと、「奇跡的に、何十年後かまでにもこのブログが残っていたとして、その時それを自分の“思い出”として読みたい」という淡い想いから、というものがある。

しかし、“本当に”こうした動機でブログをやっているのだとしたら、もっと積極的にブログの更新をしているんじゃないか、また、もっと積極的に他の人たちと交流しているんじゃないか(ツイッターを使ったり、相互リンクしたり、など)と思っている。

にもかかわらず、ツイッターは(昔はやっていたが)今はやっていないし、以前、自分の書いたものを投稿していた書評サイトにも、今は投稿するのをやめている。つまり、一方で人と簡単にコミュニケーションが取れるネットの世界で物を発表しつつも、人と交流することは“意図的に”避けてしまっている自分がいたりするのだ。そのくせ、「誰かに自分の書いたものや、自分の考えを読んでもらいたい」などという感情を持っていたりして、色々な「矛盾」が私の中にはある。

このことについて、少し考えてみた。なぜ私は文章を書くのか。それは、結局「物を書くことで、そこに“私”が存在しているということを、無意識的に確認したがっているから」なのだと思う。

しかも、それがなぜ「ブログ」で、なのかというと、「誰かに自分の書いたものや、自分の考えを読んでもらいたい」という気持ちもあるものの、「“もしかしたら”誰かに自分の書いた文章が読まれているのかもしれないが、その“文章”を作ったのは、他の誰でもない、この“私”であり、それを“他人”が読んでいる。だとしたら、“私”はやはりこの世の中に“きちんと”存在しているのだ」といった、非常に回りくどい「自己確認」をしたがっているからなのだと思う。

こうしたことは、別にブログに限った話ではないだろう。自作の音楽をネットにアップしたり、小説を発表したり、絵を公開したりすることも、どれも先の意味での「自己確認」に繋がると思う。自分の作ったものを人に見せるということは、同時に自分の作ったものを自分で確認している、ということでもある。

そして、自分の作ったものは、どれもすべて「自分のこと」として関わってくる。物を作り、それを他者に見せるのは、どんな場合でも「自己表現」になるのであり、「自己表現」とはすなわち「自己確認」なのだと感じる。つまり、何かを作ることでしか、「自分」とか「私」といったものを確認できない自分が、そこにいるのだ。

そう考えると、文章を書くこと、とりわけそれをブログでやるということは、ある意味「格好悪い」ことかもしれない。また、「精神的に弱い」ことかもしれない。別にわざわざ物を作らなくとも、楽しいことなどこの世にいくらでもある。しかし時々、「自分」の存在(=「自分」がこの世にきちんと「いる」のだということ)を確認したくなる時というのが、私には訪れる。

それで文章を書く、ブログをやる(また時には「日記」という形で)といったことをしているわけだが、そんなことでもしない限り、「自分」を確認することができないことに、やはりどうしても「格好悪さ」「精神的な脆さ」といったものが付きまとってくるのではないかと思うのだ。

文章を書くことで、「何者でもない私」から「文章を書く私」、言い換えれば「何者かである私」に(一時的にではあるが)なれるのだろう。結局、「何者かである」ということによってしか、安心というか満足感というか、そういったものは得られないのだと感じる。だからこそ、そこに拘ってしまう自分の中に「格好悪さ」を見つけてしまうのだ。

しかし、何だかんだ言っても、やはり書くことは私にとって必要なことだし、また書き終えた時の達成感も好きだ(「書いている時」というよりも、「書き終えた時」といった方が正確だ)。だから今後も、ブログを続けていくと思う。ブログ開始から2年目を迎える者にとって、過去に自分の作ってきたものが貯まっていくという感覚は、何ものにも代えがたい。

また、このブログが“最終的に”どのような形で「幕を閉じる」のか(それは自分が突然死んだことによってなのか、それとも単に飽きてやめてしまってなのか、など)も、何となく興味がある(そんな日が来るのは、ずっと先で良いのだが)。

また例のごとく、言い足りたことよりも、言い足りなかったことの方が多かったかもしれない。しかし、自分で言うのも変だが、何が言い足りなかったのかがはっきりしない(「覚えていない」という感じもする)。こうした言葉による「表現不足」は、文章を書く、とりわけ自分のことを書く時には付き物だ(私はもう何度もこのことを経験している)。それでも、物を書くのは書きたい衝動に駆られるからである。

ということで、あまりうまくまとまらなかったが、以上で今年の締めとしたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。