2013/01/31

承認欲求地獄 ― 映画『ユダ』の感想

200.jpg

公式サイトはこちら

日曜の朝にやっているテレビ番組「サンデー・ジャポン」で宣伝されていたので観に行った。原作は『ユダ』(幻冬舎文庫)という同名の本だ。

マイナーな映画らしく、公開している劇場が限られている。私は「新宿ミラノ」で鑑賞した。散漫なところも多少あったが、役者も良く、すごく面白かった。いい映画だったと思う。

内容は、元歌舞伎町ナンバーワン・キャバクラ嬢、立花胡桃の半生を描いたものだ。


高校生だったその冴えない少女は、ある晩、とある男からキャバクラ嬢をやらないかと誘われる。短期間、好きな時だけ働けばよく、金に困ってもいたため、胡桃はその仕事に踏み込むことにした。

しかし、気がつけば歌舞伎町で、しかもナンバーワンの指名率を勝ち取るまでになる。だが、それも長くは続かなかった。金と欲望、一時の友情と裏切り、そして偽善が徐々に彼女を狂わせていく。


私はキャバクラという所に行ったことがない。昔、あるバイト先の上司に、そこへ連れて行ってもらえそうにはなったが、その時は時間が時間で、結局行きそびれてしまった(今もけっこう後悔している)。

そんなわけで、キャバクラそのものへの関心と、キャバクラ嬢をやる女の子たちの心理とはどのようなものかを知りたいという理由から、この映画を観に行った。

キャバ嬢という仕事は、相手の男に、「しばらく会えなくて寂しかった」とか「今度はいつ来てくれるの?」とか「今日は誕生日だね、おめでとう!」とか言って「営業」するものの、それはすべては男の承認欲求(相手に「認められたい」「好かれたい」といった気持ち)を満たしてリピーターにするためなのだと鑑賞前は思っていた。

つまり、「相手(男)の承認欲求を満たしてあげる」ことが最も重要視される仕事なのだとわたしは考えていた。

ところが、映画を観ていて気づかされた。実はキャバ嬢の女の子たちも、男たちによって承認欲求を満た「され」ているのだ。たくさんの男たちから指名される。徐々に位が上がっていく。それは紛れもなく自尊心(承認欲求)が満たされることを意味する。

映画では、キャバ嬢たちが休み時間中のお喋りで、「男なんておだててナンボ。笑顔も好意も全部“営業”」という赤裸々な話をするシーンが出てくる。それはそれで確かだろう。

しかし、そんな彼女たちであっても、笑顔も好意も全部「営業」で、おだててナンボの野郎たちがいなければ、自らの承認欲求を満たすことはできないのだ。



鑑賞途中でこのことに気づかされ、すごく切ない気持ちなった

お互い、多かれ少なかれ相手を見下す感情がそこにはあると思う。一方は他方を金ヅルと見なす。その他方は相手を、肉体的にも精神的にも征服したい欲を持つ。そんな両者を結びつけるのは金銭のみ。

そしてその金銭を媒介に、彼・彼女たちは自らの自尊心・虚栄心を満たそうとし続けるのである。

しかし当たり前ながら、そのような方法で承認欲求を満たし続けるやり方は、いずれ破綻する。胡桃と親しくしていた男たちは借金や警察に追われるハメになり、彼女も昔から接待していた冴えない客に本気にされ、襲われてしまう。昔の勤め先の先輩からの助言もあり、最終的に胡桃はこの仕事を辞める決意をする。

当初、胡桃と接待客との“win-win”だった関係は、次第に“lose-lose”の関係へと転落していくのだ。

結局、金で「認められたい」「好かれたい」という気持ちは、完全には満たされない、満たされた気にはなっても、それは一時的なものにすぎない、というシンプルな結論に落ち着く。シンプルではあるけれど、どこかで何かを間違うと、この「事実」を忘れるのだろう。

そういう意味で、キャバクラは「怖い」ところだ。ヤーさんが運営しているかもしれないから怖い、という意味ではなく、キャバクラにハマりすぎてこの単純な「事実」を忘れるかもしれないから怖い、という意味で。

以前ネットで、「女の子が就きたい職業」にキャバ嬢がトップテン入りしていたとかいうニュースが話題になった。しかし、この映画のことを考えてみて、改めて感じた。

無理もないかもしれない。だってなんだか、自分の自尊心や、「私はこの店に必要とされている」という感覚が満たされそうな雰囲気がするのだから。しかも高給取りだ。危なそうな感じもするけど、「おいしそうな」匂いもする。

もし、そう感じている子が近くにいたら(実際はいない)、私はこの映画を観ることを薦めようと思う。キャバ嬢の世界は「けっこう大変」だということを知らせるためには、格好の「教材」だから。



ところで、タイトルについてだが、「ユダ」とは、新約聖書に出てくるあの「ユダ」のことである。十二使徒の一人だが、彼はイエスを敵に売った背信の徒だ。

つまり、裏切り者である。そんな彼に、作者の立花は自分をなぞらえてタイトルを『ユダ』にしたのだろう。別に、この物語はキリスト教とは一切関係ない。そんなわけでこの映画(本も)は、かつての自分が「ユダ」であったという告白、そしてそんな自分を描くことで今の自分を戒めるための、立花胡桃による「懺悔録」とも読めそうである。


ユダ〈上〉―伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 (幻冬舎文庫)ユダ〈上〉―伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 (幻冬舎文庫)
(2010/11)
立花 胡桃

商品詳細を見る


ユダ〈下〉―伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 (幻冬舎文庫)ユダ〈下〉―伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 (幻冬舎文庫)
(2010/11)
立花 胡桃

商品詳細を見る


関連記事